線維筋痛症と動けなかった日のこと!諦めは生きていく為に必要である⁉

朝起きると、痛みと強張りで体が動かない。

かろうじて声は出せたので、それを妻に伝えるとモルモット達が私の覚醒を知り”キューキュー”大合唱をはじめる。

いつもなら、すぐにでも離床して掃除をはじめるのだが、今日は無理そうだ。

ひとこと「悪い!もう少し待って!」と伝えると、先住モルのひよりくんは鳴くのをピタリと止めた。

流石に私との付き合いが長いだけはある。

しかし、ちび達はそうはいかない。

チャンスを逃すまいと、さらに大きな声で鳴きはじめる。

仕方ないので、申し訳ないが妻に掃除を依頼する。

私が起き上がれたのは、掃除が終わってしばらくしたあとだった。

起き上がりトイレに向かうが、体は重く冷や汗が噴き出してくる。

その後もろくに動けず仕舞いで、今日の活動はトイレのみである。

こんな日もある。

こんな日もある。

こんな日もあるのだが、やはり気は重い。

だが、明日もがんばろう。

-闘病, 闘病日記
-