線維筋痛症と過眠と繰り返す悪夢の話

このところ、何故か異常に眠気が襲ってくる。

昨夜も24時には眠りについたにもかかわらず、1日中眠さが続いていて思考が働かない。

そんなわけで、1日ただ起きているだけという日も少なくない。

それならば、いっそ寝てしまえば良いのかも知れないが、眠ればねむったで夢をみるのである。

線維筋痛症を患ってから繰り返し見る夢。

夢のなかで私は、痛みによって仕事で失敗をし、周囲の人間に責められ退職を迫られるのである。

そして、それを切っ掛けに友人達は私から離れていき一人で痛みに耐えるのである。

以前から見ていた夢ではあるが、最近特に顕著になり、週に2~3回はみるようになった。

なんども繰り返すものだから、夢の中でも「ああ、これは夢だ」と分かるようになってしまった。

こうなると、出来の悪いムービーをリピートしている状態である。

ただ、夢とわかっていても途中で目覚めることは出来ないし、目が覚めると疲労感が酷いことになっている。

この夢を繰り返す原因は、たぶん体の痛みが消えないからであろう。

そして、夢で見る内容が実際に起きたことだからと思っている。

線維筋痛症が酷くなり2か所の施設を退職したこと、友人からの誘いに応じることが出来ず縁を切られたこと、仕方ないと思っているが割り切れない部分もあるのだろう。

結局のところ、体の痛みと現実で起きた嫌な出来事が上手いことリンクして夢に出てくるだけの話である。

痛みを受けて気持ち良いと感じているよりはまともな感性なのだろうが、自分もまだまだ精進が足りないと思わずにはいられない。

問題なのは、寝てもねなくても日常生活に支障をきたしていることである。

この頭にもやが掛かったような状態はとても良くない。

思考がまとまらず、行動も遅くなる。

痛みと合わせて、もう少し何とかならないものだろうか。

毎日非常に悩ましい。

-闘病
-,