線維筋痛症のおっさん!自転車をこげなくなっていた⁉人生は自転車操業中!

 

 

今日は車検で車が工場に持って行かれています。足がないと不便だと考えて自転車を引っ張り出してみました。

 

自転車は奥さんが昔使っていた電動自転車で、たぶん稼働させるのは数年ぶり。ちゃんと動くな心配です。

 

バッテリーを取り付けて、電源を入れると・・・一瞬だけ電源周りが発行して消えます。

 

何度か試したのですが、状況は改善されません。ただ一瞬だけでも通電されるので、配線が切れてるとかではない感じです。

 

私的には接触不良が怪しいと判断し、端子を磨いたり拭いたりしてみました。

 

それだけでも、小一時間かかってしまったのですが、結果は正解!無事に電源が入るようになりました。

 

 

 

それから少しだけ乗ってみたのですが、電動の割に結構こぐのが大変で、汗がだくだく流れてきます。

 

しかも、汗をかいた場所は、痛みがガンガン出て来ますし股関節から足先にかけての痛みも強くなっていきます。

 

10分ほどで帰宅し、嘔吐してしまいました。

 

原因はからだの痛みと急激な水分放出による脱水症状、熱中症などの合わせ技だと思われます。

 

車検中は自転車で行動できないかと考えていたのですが、とても無理だとわかりました。せっかく自転車の整備をおこなったというのに、あまり意味がなかったようです。

 

線維筋痛症になる前は、自転車で長距離移動も出来ていたので、非常に残念な気持ちになりましたが仕方ありません。

 

しばらくは、大人しく寝て過ごすことにしたいと思います。

 

 

ぱぱん
車検費用で資金繰りは自転車操業状態なのにね💧
ままん
ど、どんまい💧

 

 

-闘病日記, 雑記