線維筋痛症の私が就業不能保険をすすめる理由と健康な時こそ見直すべき生命保険の契約内容⁉

 

 

 

怪我や病気で仕事が出来ないときに、生活の助けになるであろう生命保険。

 

 

 

その生命保険の中で私がお勧めするのは【就業不能保険】です。

 

 

 

理由は、従来型の収入保障系の保険とは異なり、軽度の怪我や病気、メンタル系、疾患在宅療養が保障の対象となっている場合が多いからです。

 

 

 

また、医療の現場でも入院日数の縛りがあることから、昔のように一から十まで入院で対応することはなくなってきています。

 

 

 

このため、軽微な怪我や病気の場合は入院なしで在宅療養となったり、入院しても短期間だけであったりすることも少なくありません。

 

 

 

そうなると、これまでの任意保険では、入院した数日分の極わずかな保障しか受けることが出来なくなります。

 

 

 

さらに、近年ではメンタル系の疾患で休職を余儀なくされるケースが増加してきており、これについても検討する必要があると言えます。

 

 

 

【就業不能保険】は、保険会社によって違いはあるものの月々の掛け金は、概ね1000~3000円程度のようです。

 

 

 

保険の見直しの際にこれまでの収入保障特約や死亡保険金の額などを調整して、【就業不能保険】を追加する価値は十分にあると言えるでしょう。

 

 

 

 

 

ぱぱん
うちの加入している保険では『就業困難特約』になってるみたいだね。

 

ままん
収入保障特約の方が条件が厳しかったのね💧

 

 

 

 

 

 

さて、ここまで【就業不能保険】を強く推してきたわけですが、その理由は現在私が直面している状況にあります。

 

 

 

以前の記事で生命保険の解約を検討していることや、その際に契約内容を見直して驚愕したことをご紹介しました。今回は、その続きになります。

 

 

 

前回電話口で話をしていてもらちが明かないので、担当者と会って直接話をすることにしました。

 

 

 

出会ってから、挨拶もそこそこに担当者は開口一番「保険!解約しても良いんですけど、ぱぱんさんの今後のために解約はやめた方がいいね!」と意味不明なマウントを取りはじめました。

 

 

 

いきなりイライラしましたが、取り敢えず現在の加入プランを見せてもらうことにしました。

 

 

〇収入保障特約:死亡・重篤なケガ(腕の欠損など)や疾患を保障する。

〇死亡保険金:死亡時に一時金が出る。

〇介護保障特約:介護が必要な重篤な状態になれば年金が出る。

etc.

 

 

などなど本当に万が一の時の保証が盛りだくさんです。

 

 

 

ちなみに、そのプランでは、私が死ぬと3千万円ほど支払われるみたいでした。

 

 

 

万が一を攻めすぎですし、死亡時ばかり手厚すぎです。補償対象外の病気になったら自殺でもしろと言うのでしょうか💧

 

 

 

とにかく今は目の前の生活が大変で、自分が死なないと支払われない保険に毎月高いお金を払うことはできません。

 

 

 

病気になってしまっている現状では、契約内容の変更はできないので、使える保険がなければ解約一択です。

 

 

 

かなりこんな心境になりました💧

 

 

解約を訴える私ですが、保険担当者も必死です。あの手この手で解約をさせまいとしてきます。

 

 

 

現在の政府の方針や医療保険・介護保険の状況などを織り交ぜつつ【保険加入のメリット】を説いて来ます。

 

 

 

しかし、何度も言いますが目の前の生活が困難なのです。20年~30年先に生じるメリットを説明されても仕方ありません。

 

 

 

お互い譲らず、2時間ほどのバトルを繰り広げました。

 

 

 

結局、私の加入していた生命保険はがん保険だけを残して解約となりました。

 

 

 

その後は、家内が加入している就業困難特約の話をしましたが、こちらも色々な理由を付けてごねていたのですが最終的に書類一式を受け取ることになりました。

 

 

 

これは、後日担当医師に診断書を記入してもらうことになるので、忘れないようにしないといけません。

 

 

 

しかし、生命保険の人って保険解約されたり、客にお金を払うとペナルティでもあるんですかね💧本当に無駄に長い話合いでした。

 

 

 

ちなみに、毎月高い保険料を支払っている私の【収入保障特約】は1円すらも受け取る権利がなく、家内の【就業困難特約】はメンタル系疾患で一時金の支給対象となっています。

 

 

 

まぁ、家内の分も医師の診断書と保険会社の判断次第になるようですけどね。

 

 

 

長くなりましたが、線維筋痛症になった私が経験した生命保険のあれこれでした。

 

 

 

私のケースも【就業困難特約】に加入していたら、補償の対象になるようです。・・・なんでこれに加入してなかったんだろう?疑問は深まるばかりです。

 

 

 

みなさまも、保険内容の見直しや組み換えが出来るうちに、一度契約内容を確認することをおすすめします。

 

 

 

ぱぱん
しかし、本当に意味のない保険だった💧

 

逆になぜ私は【就業困難特約】に加入しているのか・・・
ままん

 

ぱぱん
やはり、保険は自分で内容を把握しておかないとダメだね!

 

 

 

-雑記
-, ,