超簡単⁉5分で出来るウィジェット編集画面の従来型への戻し方!

 

 

 

WordPressのバージョンを変更してウィジェット編集画面が変わってしまった場合【Classic Widgets】というプラグインをインストールして有効化すれば、従来のものに戻せます。

 

 

 

この記事の対象となるひと

・WordPressのバージョンを変更したらウィジェット編集画面が【ウィジェットブロックエディター】になり困っているひと。

・使用しているテーマが【ウィジェットブロックエディター】に対応していなかったひと。

・上記の理由やそれ以外の理由でウィジェット編集画面を従来のものに戻したいひと。

・プラグインで簡単に対処したいひと。

 

 

先日、WordPressのバージョンを5.8にしたところ【ウィジェット】が意味不明なことになりました。

 

 

【ウィジェットブロックエディター】と呼ばれるものらしいのですが、訳の分からないエラーは出ていますし個人的にとても使いにくいです。

 

 

【ウィジェット】に用がなかったので取り敢えず放置していたのですが、少し調整をしたくなったので改めて状態を確認します。

 

 

やはり自動で改善はされていませんでした。・・・当たり前ですね💧仕方がないのでググって対応してみることにしました。

 

 

調べてみた結果、プラグインをインストールすれば対応出来そうです。

 

 

さっそく【Classic Widgets】というプラグインをインストールしてみることにしました。

 

 

 

エラーが多発しています。テーマが【ウィジェットブロックエディター】に対応していない可能性があります。

 

 

 

 

サイドバー部分ですがこれもバグっているようです。

 

 

 

 

 

 

プラグインの新規登録画面で【Classic Widgets】をインストールします。

 

 

 

 

【activate】してプラグインを有効にします。

 

 

 

 

以前のウィジェット編集画面に戻せました。

 

 

 

今回は、プラグインで対応可能な変更だったので私でも対応出来ましたが、もしコードを入力しなければ改善出来ないものだったらと考えるとぞっとします。

 

 

私と同じように焦らないためにWordPressのバージョン変更時は、バックアップをしっかり取ってから作業することをおすすめします。

 

 

ぱぱん
バックアップは作業の基本ですね💧

 

 

-ブログ関連, 雑記
-, ,