OTは見た⁉【医療・介護業界の闇】番外編『福岡県の老夫婦さ〇害事件にみる在宅介護の闇!』

 

 

冷蔵庫に夫婦遺体、次男は「アニメのいい場面で呼ばれ…文句言われたので殺した」

 

 

福岡市西区の住宅で6月、冷蔵庫の中から夫婦の遺体が見つかった事件で、夫婦と同居し、死体遺棄容疑で逮捕された次男の無職の男(59)が「アニメのいい場面のとき、父親に介護で何回も呼ばれ、文句を言われたので殺した」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。福岡県警は勾留満期の25日にも、父親に対する殺人容疑で再逮捕する方針。

 

男は6月23日頃、自宅の業務用冷蔵庫内に父の松本博和さん(88)、母の満喜枝さん(87)の遺体を遺棄したとして、今月4日に逮捕された。

 

捜査関係者によると、男は6月20日夜、自室でアニメを見ていたところ、博和さんからトイレの介護などで3回呼び出された。その際、博和さんの言葉に立腹。電気ポットのコードで首を絞めたという趣旨の話をしているという。

 

司法解剖の結果では博和さんの死因は不詳だったが、その後、医師の所見などから、県警は窒息死と特定した。

 

一家は3人暮らし。満喜枝さんは車いすで生活しており、博和さんも最近になって介護が必要となったことから、男は「今後、両親の介護をしないといけなくなることに不満があった」とも供述しているという。男は、満喜枝さんについても「父親を殺害し、それを見られたので首を絞めた」と話しており、県警が調べている。

 

 

 

 

 

ぱぱん
またとても悲しい事件が起きてるんだが・・・💦
これはひどい💧在宅介護は大変だからねぇ・・・
ままん

 

 

 

 

福岡県で在宅介護が原因と思われる殺人事件が発生していました。

 

 

容疑者となっている男性は「アニメを見ていたらいい場面で介護に寄ばれて、その際父親からかけられて言葉に腹を立てて・・・」語っているようです。

 

 

ただ、その他にも「今後、両親の介護をしないといけなくなることに不満があった」と発言していることから、事件の前から不満を抱えていたことが伺えます。

 

 

こういった事件を目にする度に「今後、こういった事件は増えるんだろうなぁ」と考えてしまいます。

 

 

理由は、【政府が介護費や医療費を削減する目的で在宅介護を推し進めているから!】です。

 

 

基本的な考えとしては、「施設に入って介護費をたくさん使わないでね!」「家で家族が面倒を見てね!デイサービスには来ていいよ!」「でも健康でいてね!」といったところでしょうか。

 

 

作業療法士や介護業務をしていた身としては、偉い方の考えることは、机上の空論も良い所です。

 

 

そもそも、知識のないひとに正しい介護の実践はとても難しいです。正しくない介護を行うと、介護者・要介護者ともに大きな負担を掛けることになります。

 

 

トイレひとつとっても、要介助者が車いす使用であれば・・・

 

 

移動

下衣脱がす

移乗

見守り

後処理

下衣履かせる

移乗

移動

 

ざっくりみても、これだけの作業が発生します。

 

 

特に移乗や下衣の着脱は、知識・技術のほかに慣れも必要になります。

 

 

まったく経験のない方には大変な作業となるでしょう。

 

 

さらに、環境調整がされておらず昔ながらの和風建築・和式トイレだった場合は、一層介護の負担が増していきます。

 

 

後は、大きい方の後処理も、不慣れなひとには精神的にキツいようす。

 

 

こういったことから、私は在宅介護の普及はなかなか難しいと考えているのです。

 

 

 

 

 

恐らく、上記の事件では、容疑者の『ニート生活』や『オタク』がピックアップされ、在宅介護のことまではクローズアップされないと思います。

 

 

ですが、こういった事件の背景に在宅介護がかかえる多くの問題『社会の闇』が潜んでいることを知っておいて欲しいのです。

 

 

政府の考えが変わらず、今のままの流れが続くのであれば在宅介護は極一般的なものとなるでしょう。

 

 

いざ自分が在宅で介護する・される立場になった時にどのように行動するのか、今から考えておく必要があると思われます。

 

 

 

ままん
私たちは経験があるからまだマシだけどね✨

 

ぱぱん
ワイは真っ先に使えるサービス探して、環境調整するで♪

 

 

 

 

 

-医療・介護業界, 雑記
-,