OTは見た⁉【医療・介護業界の闇】第三闇『白衣の堕天使爆誕!夜勤ナースから生まれた闇』

 

【白衣の天使】看護師はそのように呼ばれることがあります。

 

恐らくは、白衣を身にまとい病気や怪我で困っているひとの看護をしている姿に、かのナイチンゲールを重ねているのでしょう。

 

しかし、看護師の世界は女の世界!医療・介護の現場はいつでも忙しく、さながら戦場のようです。

 

そんな、多忙さとギスギスにあふれた世界で【白衣の天使】は天使のままでいられるのでしょうか?

 

 

 

白衣の堕天使

 

 

それは利用者Aさんとリハビリに取り組んでいる時のことでした。

 

 

いつもは、元気なAさんがとても暗い顔をしていたのです。

 

 

話を聞くと「オムツになった」「夜トイレに行こうとしてコールしたらオムツの中にしろと言われた」などなどスタッフや施設に対する不満が噴出して来ます。

 

 

施設の生活は、不自由なことが多く不満を持っている方は多くいます。

 

 

なので、スタッフはその場は傾聴して、その後スタッフ間でと情報共有することが暗黙の了解でとなっていました。

 

 

ただ、Aさんの話の中で気になったのは、Aさんは独歩での移動が可能なので、夜間のトイレも見守りで大丈夫なのです。

 

 

むしろ、オムツにする方が手間が掛かります。まさに「何故オムツ?」状態です。

 

 

そして、業務後にこの情報をスタッフで共有するのですが、それによりとんでもない事実が発覚するのです!

 

 

 

闇爆誕!4コマ劇場

 

 

 

 

 

爆誕

 

後日、Aさんから再び相談がありました。

 

 

どうやら、先の情報を共有した後に、犯人だった看護師さんがAさんに怒鳴り付け、かなり汚い言葉で罵ったらしいのです。

 

 

Aさんは言いました。「白衣の天使なんて嘘なんだねぇ」「あれじゃあ、白衣の堕天使だよ・・・」

 

 

Aさん結構なお年なのに【堕天使】とか・・・ナウい言葉知ってますね。

 

 

結果、対象のスタッフには【堕天使Ns.】の呼び名が与えられたのでした。

 

 

私は、相談を受けたあと急いで上司に報告したのですが、ことなかれ主義の上司がグズグズしているうちに、Aさんがご家族に電話してご家族からクレームとして施設に連絡が入ることになりました。

 

 

 

 

 

クレームの後、看護師長と施設長が堕天使Ns.さんに聞き取りをおこなうと・・・

 

 

〇夜勤中にスマホゲームをしたかったので、入りと同時に全利用者にオムツを装着しトイレは、オムツの中にするように伝えた。

〇うるさい利用者さんの部屋はNs.コールを切っていた。

〇Aさんには、リハスタッフにチクりを入れられたと思い腹が立ち怒鳴った。

〇機嫌が悪いと度々、利用者さんに当たり散らしていた。

 

 

ままん
・・・悪魔かな?

 

いいえ、堕天使です。
ぱぱん

 

 

闇が生まれた原因

 

 

この問題については、基本的には問題を起こした人間のモラルと、施設側の指導不足が挙げられます。

 

 

とはいえどんなに指導しても、手を抜く人は手を抜くので、最終的には個人個人のモラルの問題となってしまいます。

 

 

「夜勤中にゲームをするために、まとまった時間を取りたいから」と全利用者にオムツを装着して、放置するなどもはや人間として問題外です。

 

 

やはり堕天使さんには、自分自身の行動を反省していただくしかありません。

 

 

施設としては、接遇教育の徹底と外部研修が行われることになりました。

 

 

むかしと違いスマホという手元で時間を潰せる便利なツールが出てきたことで、施設としてもその扱い方を検討する必要が出て来たのだと考えます。

 

 

一部施設では、介護現場には携帯電話持ち込み禁止となっているところもあるようです。

 

 

ロッカーがしっかりしているのならそれで良いかとも思います。

 

 

しかし、今後も便利なアイテムは次々に出て来ることが想像できます。こういった闇もかたちを変えながら生まれ続けるのでしょう。

 

 

 

ぱぱん
わいも利用者さんとモンストしてたで!リハビリとして

 

ぱぱん
スマホ操作を覚えるにはゲームが手軽で便利だったしね♪

 

ああ、利用者さんにスマホの操作を覚えたいって言われたやつね
ままん

 

ぱぱん
そうそう!90歳のおばあさんと一緒にリハスタッフでマルチプレイしてたw

 

 

 

 

 

 

-医療・介護業界
-, ,