これから作業療法士を目指すひと必見⁉闘病中のおっさん作業療法士が業務の説明をしてみた!

 

 

私は現在、線維筋痛症の影響で闘病中ですが、その前は作業療法士として高齢者施設で働いていました。

 

作業療法士はリハビリ職のひとつなのですが、いまいち認知度が低いのか何をしている・どんな職業なのか聞かれることが多々あります。

 

このブログでも作業療法士のことには、特別触れていませんでした。

 

しかし、最近SNSなどで仲良くさせてもらっている方から、作業療法士について聞かれることが増えてきました。

 

せっかくなので、今回は作業療法士についてとこれから作業療法士を目指す場合のメリットやデメリットを説明してみたいと思います。

 

 

作業療法士とは

 

 

多くの人はリハビリと聞くと【理学療法士(PT)】をイメージするのではないでしょうか?ケガや病気の後に関節可動域を改善したり、歩行訓練を行う姿は正にリハビリといった感じです。

 

それと最近では、言語分野のエキスパートとして【言語聴覚士(ST)】も有名になっています。

 

作業療法士は、【理学療法士】や【言語聴覚士】と同じようにリハビリテーション分野における専門職の一つで、【作業を用いて、患者様が健康で幸福な生活を送ることが出来るよう支援していく職業】です。

 

 

基本・応用・社会的適応の3つの能力にアプローチ!

 

 

作業療法では、座る、立つ、歩くなどの基本動作能力、トイレ、家事などの応用動作能力から就業・就労、趣味活動などの社会的な活動に至るまでの3つの段階の能力を維持・改善するようにアプローチして「その人らしい」生活の獲得が出来るように働きかけます。

 

その一環として、対象者を取り巻く家庭や職場などの環境に働きかけ、より良い状態になるように支援することもあります。

 

 

 

作業とは

 

リハビリ業界において【作業療法士】がいまひとつメジャーになり切れていない原因に、【作業】の意味が分かりにくいことが挙げられます。

 

【理学療法士】はフィジカル、【言語聴覚士】言葉とそれぞれアプローチする対象が明確であり、一般の方にも何をしているのか分かりやすいです。

 

しかし、【作業】してますっ!と言われてピンとくる方は少ないのではないでしょうか?

 

作業療法における【作業】は時代や職域、作業提供者と受け手の考え方によってその内容が異なる場合があります。

 

例えば、昔は折り紙や竹細工といった手作業のこと【作業】と呼び、それらを利用したリハビリが行われていましたが、作業に対しての考え方は時代と共に変わっていき、作業の内容や範囲も変化していきました。

 

現在では日常生活に関わるトイレや食事、家事などをの動作全般を作業と呼ぶようになっています。

 

また日本作業療法学会では、日常生活動作に加えて仕事や学校などの社会的な活動まで含めたものを作業と定義しています。

 

 

作業療法による作業の範囲

 

 

 

職域

 

作業療法士が活躍する場面は多くその業務は多岐に渡ります。

 

職域としては病院(身体障がい分野)(精神障がい分野)、高齢者分野、小児分野、障碍者支援施設などがあり選択肢は多いです。

 

この点だけをみても、「仕事に困らない」といえるでしょう。

 

ただし、それぞれの分野で求められる知識や技術は異なりますし、給与や福利厚生の面でもピンキリです。

 

また、活動する分野を変更する場合には、必要となる知識を学びなおす必要があるので、他分野への転職にはそれなりの意欲と覚悟が求められます。

 

報酬に関しては私が知る範囲の話になりますが、小児分野の給与は目を見張るほど低いことが多く、知り合いが勤務していた施設では月の手取り給与が10万円前後ということでした。

 

ですので、特定の分野に対して強いこだわりがなければ、給与面や福利厚生などを考慮して進路を決定することも必要となってきます。

 

私は主に高齢者分野での勤務を経験していますが、給与は手取りで20万円ほどでリハビリ業務のほかに介護業務や看護業務を求められることが多かったです。

 

また、看護師さんや介護士さんに技術指導を行うことがあるため、看護や介護の知識も学ぶ必要もありました。

 

 

 

 

 

資格取得

 

作業療法士の資格を取得するには国が定める専門学校や大学に通い、必要な単位を修得して卒業した後に国家試験に合格する必要があります。

 

下の画像は日本作業療法士協会からの引用となります。画像にもある通り国家試験の合格率は毎年概ね80%代後半なのですが、これは決して試験内容が簡単というわけではありません。

 

カラクリとしては、各専門学校で合格ラインに満たない学生を卒業試験で足切りするなどの対策を講じており、その結果がこの合格率となっています。

 

私が通っていた専門学校では、入学時40人いた学生が卒業時には20人ほどになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

これから作業療法士を目指すメリット

①高齢者の増加に伴い、職域自体は増えていく

②在宅介護が広がるにつれて、訪問リハビリなど作業療法士の活躍の場が増えていく。

地域の健康増進事業などの分野での活動が可能。

職域自体が幅広く資格を活かせる場面が多い。

 

 

これから作業療法士を目指すデメリット

①セラピストの増加による受け皿の減少の可能性がある。

②医療・介護保険の改訂に伴う報酬の減少の可能性がある。

数百万円の学費が掛かる

 

どちらとも言えないポイント

 

①国の方針や法律の改正に伴い立ち位置が大きく変化する。

 

医療や介護の報酬は、医療保険や介護保険からのものとなるため国の決定する方針により、業界そのものの活動や立ち位置が変化する可能性があります。

 

これについては、実際に変わってみないことには良いか悪いかの判断が出来ません。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか、作業療法士についてとこれから目指すメリット・デメリットをまとめてみました。

 

どのような職業でも同じですが、作業療法士にもメリットとデメリットは同じように存在しています。

 

それでも、自分なりに目標を持って新しいことに挑戦することが苦手で無ければ、作業療法士には学び・稼ぎともに多くのチャンスが存在しています。

 

自分で考えて行動する意欲的な人であれば、必要とされる作業療法士として末永く働くことが出来るでしょう。

 

また、新しいアイデアを出すことで自身の活躍の場を切り開いていくことも可能です。

 

最近では、コロナ禍により30歳40歳を目前に、自分の仕事に不安を感じる方も多いようです。

 

歳をとってから、新しいことに飛び込むのは勇気のいることですが、何かを始めるのに遅いという事はありません。

 

むしろ、生活様式や雇用状況が大きく変化している今だからこそ、将来にわたり自分を活かせる仕事を探してみるのも良いのではないでしょうか。

 

この記事が作業療法士に興味がある方や、これから作業療法士やリハビリ業界への進出を検討している方の参考になれば嬉しく思います。

 

 

 

 

-医療・介護業界
-,