安易にジェネリック医薬品に変更してはいけない理由❗私のジェネリック医薬品失敗体験‼

 

最近ではテレビCMでも耳にすることが増えて来た【ジェネリック医薬品】ですが、なぜおなじ製品でありながら価格が安いのでしょうか?

 

今回はジェネリック医薬品が新薬(先発医薬品)よりも低価格で販売できる理由と私の失敗談をお伝えしたいと思います。

 

ジェネリック薬品に興味を持った理由

 

 

少し前の病院受診ときだったと記憶しています。処方されていた【リリカ】に後発薬(ジェネリック医薬品)ができたそうで、薬局の方がうれしそうにすすめてきました。

 

一錠当たりの値段が100円⇒50円ほどになるとのことで、収入の安定しない私にとっては非常にありがたい申し出でした。

 

そのため、そのときは何も気にすることなくジェネックにしてもらったのですが、ジェネリック医薬品を服用し始めてからしばらくして少し気になる問題が出て来ました。

 

 

リリカが処方されていた理由

 

【リリカ】はもともと処方されていたわけではなく、たまに出現する【むずむず脚症候群】の対策として、こちらから処方されているものでした。

 

私の場合、【むずむず脚症候群】の症状が強くなると3~4日は眠れなくなり、不眠に伴って痛みの増加やこわばりの悪化が起こるため、医師と相談した結果【リリカ】の処方が提示されたのでした。

 

リリカ服用時

リリカを処方されて服用していた期間は3ヵ月程ですが、【むずむず脚症候群】は発生せず、体調も安定していたためリラクゼーションマッサージ店に在籍して勤務も可能な状態になりました。

 

リリカ⇒ブレガバリンへ変更後

ジェネリック医薬品の【ブレガバリン】に薬を変更して以降、【むずむず脚症候群】が顔を覗かせるようになってきました。これにより不眠が引き起こされて体調も不安定になっています。

 

 

ジェネリック医薬品(後発薬)とは?

 

そもそも後発薬(ジェネリック医薬品)とはなんでしょう?ざっくりとではありますが調べてみました。

 

ジェネリック医薬品とは

 

 

ジェネリック医薬品とは、新薬(先発医薬品)と同様に法律に基づいた基準に合わせて製造・販売されているくすりのことをいいます。つまり、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分を同じ量だけ使用して製造されているということです。

 

新薬(先発医薬品)と後発薬(ジェネリック医薬品)の違いは、くすりの「形状」「色」「添加剤」などが挙げられます。

 

これは、「別の会社が特許を持っており変更する必要がある」場合や「飲みにくいものを飲みやすく改善する」などの場合に行われますが、くすりの効果や安全性に影響しない範囲内であることが定められています。

 

販売前には新薬(先発医薬品)と同じように検査を実施することで「効果」、「安全性」などを確認しています。

 

「効果」や「安全性」が同じであることを確認するために「溶出試験」「生物学的同等性試験」「安定性試験」などの多くの厳しい検査をクリアする必要があります。

 

注意点として、新薬(先発医薬品)自体の特許は切れていたとしても、製造にかかわる特許が切れていない場合があります。

 

このような場合は、「材料は分かっていても製造方法が分からない」「権利上の問題から同様の製造方法が行えない」ことから新薬(先発医薬品)とは異なる方法でくすりが製造される場合があります。

 

まとめ

 

〇 新薬(先発医薬品)の特許と独占販売期間終了後に、製造される。

〇 もとになるデータが存在しているため、開発・承認までの時間がかからない。

〇 有効成分は同じで、飲みやすさなどの研究を重ね形状の変更をしている場合もある。

 

もとのくすりの特許が切れていても、製造に関わる特許が切れていない場合がある。

この場合、同じ材料を同じ量だけ使用することはできますが、製造方法は変更する必要があるため、製造方法が新薬(先発医薬品)と異なる場合がある。

 

⇒同じ効果が出ない可能性がある⁉

 

 

 

ジェネリック医薬品は、新薬(先発医薬品)の特許や独占販売期間終了後に、そのデータをもとに他の会社が製造したくすりです。開発費や認可までの期間を少なくすることが出来るので、販売時の値段を安くすることが可能となっています。

 

多くの場合は、新薬(先発医薬品)と同じように製造されていますが、製造に関わる特許が切れていない場合は、製造方法がもとの薬と異なる場合もあります。

 

感想

 

基本的には新薬(先発医薬品)と同じ効果が期待できますが製造方法が異なる場合や疾患に対しての適用範囲が事となる場合があるようなので、後発薬(ジェネリック医薬品)に変更することで、期待する効果が得られなくなることやこれまでになかった副作用が出現することは十分に考えられます。

 

私は医師に相談し新薬(先発医薬品)に戻してもらうことにしました。値段が安くても期待する効果が出なければ意味がないですから・・・

 

もし私のように、後発薬(ジェネリック医薬品)変更したことで期待する効果が得られなくなった方や後発薬(ジェネリック医薬品)への変更に不安がある方は、担当の医師に相談することをおすすめいたします。

 

 

-闘病日記
-, ,