ぱぱんのもふもふライフ
動物

モルモット好きに見て欲しい❗多頭飼いのメリット・デメリット

Pocket

 

 

モルモットの飼育をしている方で、多頭飼いに興味がある方は意外と多いかと思います。しかし、勢いだけでモルモットの数を増やしてしまうと色々なデメリットがありそうでなかなか行動にうつせない

 

今回はその様なモルモットへの愛情にあふれた方に、多頭飼いのメリットとデメリットをお伝えいたします。

 

モルモットを多頭飼いするメリット

 

現在、我が家では2匹のモルモットを飼育しています。この2匹を観察した結果をもとしにながら多頭飼いのメリットをお伝えしていきます。

 

 

小春くん

 

日和くん

 

 

モルモット同士のコミュニケーションを見る事ができる

 

モルモットはもともと仲間と群れをつくり、集団で生活をする社会的な生き物です。国によってはモルモットの飼育をする際には2匹以上での飼育を義務付けいている場合もあります。

このため、2匹以上でモルモットを飼育すると、モルモット同士でコミュニケーションをとる姿を見る事が出来るでしょう。また、モルモットが社会性を学ぶ機会を得ることにつながります。

 

 

一緒に休む!

 

一緒に食べる!

 

 

モルモットの可愛さが爆上がり

 

モルモットが連れだって行動する姿は、モルモット対人とはまた違った可愛さに溢れています。隊列を組んで一生懸命に部屋の中を探検する様子は、悶絶ものの可愛さです。

 

モルモル探検隊✨

 

 

お尻を狙い合う‼

 

 

モルモットが寂しくならない

モルモットが2匹以上いる場合、飼い主が出掛けた時にも寂しくなる事がありません。我が家の場合も2匹でまったり過ごしている姿が目撃されています。

 

 

毛づくろい現場目撃!

 

休憩中

 

モルモットを多頭飼いする際のデメリット

 

世の中良い事ばかりではありません。メリットがあれば当然デメリットも存在します。ここからはデメリットをお伝えします。

 

モルモットの多頭飼をはじめると飼育コストが上がる

 

モルモットの数が増えれば増えるほど、飼育するための費用があがっていきます。モルモットは常に食べていないと体重を維持できないため、毎日のフードやチモシーは欠かす事ができません。また、おやつの野菜のなども食べさせてあげたいので食日は目に見えて高くなります。

その他にもペットシーツなどを利用する場合には、おしっこで汚れる範囲が広くなるので、消耗品の費用も考えておきましょう。

 

 

モルモットの多頭飼いには広いスペースが必要

 

狭いケージでモルモットを多頭飼いすると、喧嘩を始めてしまう場合があります。このため、多頭飼いを検討する際には広いケージを用意するか、専用のスペースを用意してあげましょう。我が家では、飼い主と同じ部屋で放し飼いしています。

 

モルモットを多頭飼いするとケアが大変になる

 

モルモットは定期的にブラッシングや爪切り、シャンプーなどを行いしっかりとケアしてあげる必要があります。このため、モルモットの数が増えれば増えるほどケアにかかる時間が増えていきます。

 

また、体調管理も重要な検討要素です。一匹で飼育している場合には、そのコの状態だけ注意していれば大丈夫ですが、多頭飼いをはじめるとそうはいきません。

 

例えば下痢のあとがある場合は、どのモルモットが下痢をしているのか?他のモルモットは大丈夫なのか?感染の心配はないのかなど色々と確認する必要が出て来ますので、慣れていない場合はパニックになってしまう可能性もあります。

 

 

 

まとめ

 

今回はモルモットの多頭飼いを検討している方に向けて、メリット・デメリットをお伝えしました。モルモットが元気な時にはただひたすらに可愛く、日々のお世話もまったく苦にはなりませんし、飼い主の疲れを癒してくれる事間違いなしです。

 

しかし、モルモルが病気や怪我をした場合には、思っている以上に出費が生じることも考慮しておく必要がありますし、モルモット同士の相性もあるため、せっかくお迎えしたモルモットを同じスペースで飼育出来ない可能性も考えられます。

 

これらの事から最初は1匹から飼育をはじめて、慣れてきたら多頭飼いを検討、ショップに相談と少しづつ行動をしてみるのが良いでしょう。

 

ただ、我が家の様にデメリットが気にならない場合や、どのような状況になっても、お迎えしたモルモットと人生を共にする覚悟が決まっているならば、もはや何も言う事はありません。今すぐショップに向かい気になるあのこ達をお迎えしてしまって下さい‼

 

とても楽しいモルモットライフがあなたを待っています✨

 

とにかくかわいい💕

 

小松菜さんは渡しません!

 

 

 

 

 

ABOUT ME
mofumofupapan
mofumofupapan
線維筋痛症の痛みに苦しむ元作業療法士です! これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!動物が大好きで、現在ハムスターとモルモット、ファンシーラット、セキセイインコを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
RELATED POST

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。