突然やってくるケガや病気!万が一に備えて知っておきたい「障害年金」の話

傷病手当金の受給期間が終了したのに、病気や怪我で仕事が出来ない。そんな時には【障害年金】受給を検討する事をおすすめします。

障害年金とは

【障害年金】は、病気や怪我によって生活や仕事が制限されるようになった場合に、受け取れる可能性がある年金です。

一般的に年金と言えば65歳から受給可能な【老齢年金】や被保険者の遺族に支払われる【遺族年金】などが知られていますが、【障害年金】は年金に加入していれる20歳以上であれば、現役世代であっても受給する事が可能です。

年金を違法に滞納していなければ【障害年金】を受給できる可能性があります。

障害年金の受給条件

初診日要件

国民年金や厚生年金、共済年金に加入している期間中にその障害の原因となった病気や怪我を医師に診断してもらっている必要があります。

病気や怪我の初診日に年金に加入している事が必要となります。

保険料納付要件

初診日の前日に、その初診日のある月の前々月までの期間の3分の2以上が、次のいずれかの条件に当てはまっている必要があります。

①保険料を納めた期間
(年金を滞納することなく納めていた。)

②保険料を免除されていた期間
(病気や怪我などの理由で申請をして保険料を免除されていた。)

③学生納付特例または若年者納付猶予の対象期間
(20歳を超えたが大学に通学しているなどの理由で免除申請をして受理された。)

初診日までの、被保険者であった期間のうち3分の1を超える期間保険料が違法に滞納されていなければ問題ありません。

実際に保険料を納めていた期間のみでなく、正式に保険料が免除されていた期間も納付していたと扱われます。

障害認定日要件

障害年金が受けられるか否かは、障害認定日に一定以上の障害状態にあるか否かで判断されます。

初診日から1年6ヵ月が経過した日か、1年6ヵ月が経過する前に症状が固定し、それ以上の回復が期待できない状態になった日を指します。

障害年金の種類

障害基礎年金

病気や怪我で初めて医師の診察を受けた時に【国民年金保険】に加入していた場合は【障害基礎年金】を請求する事が可能です。

【国民年金】には20歳以上60歳未満の国民全員が必ず加入することになっています。

20歳以上60歳未満の農業者・自営業者・学生などの第1号被保険者や会社員や公務員である第2号被保険者、第2号被保険者である第三号被保険者で障害等級が1〜2級に該当する方が対象となります。

60歳以上65歳未満で年金制度に加入していない場合の方で、老齢基礎年金を繰り上げしていない方は障害等級が1~2級に該当する場合も対象となります。

障害厚生年金

病気や怪我で初めて医師の診察を受けた時に【厚生年金保険】に加入していた場合は【障害厚生年金】を請求する事が可能です。

障害等級が1~3級に該当する方が対象で、2級以上に該当する場合は障害基礎年金と所以外厚生年金を合わせて受け取る事が出来ます。

※障害厚生年金に該当する状態よりも軽い障害が残った場合は、障害手当金(一時金)を受け取ることが可能となる制度もあります。

対象となる病気と等級

 

【障害年金】の支給対象となり得る病気は多岐に渡ります。

 

 

発達障害や知的障害などの生まれついての障害から、四肢の切断、うつ病や統合失調症などの精神疾患、人工透析やガン、脳梗塞、パーキンソン病など様々なものがあります。

【障害年金】の等級と障害の状態は、医師の診断をもとに判定されます。

重い ← 障害の程度 → 軽い
障害の程度 1級 2級 3級 障害手当金
厚生年金保険 障害厚生年金 1級 障害厚生年金 2級 障害厚生年金 3級 障害手当金
国⺠年金 障害基礎年金 1級 障害基礎年金 2級

障害等級1級

他人の介助を受けなければ、身の回りの事が出来ない状態。

障害等級2級

必ずしも他人の助けが必要ではないが、日常生活は極めて困難で労働による収入を得ることが出来ない状態。

障害等級3級

労働が著しい制限を受けるか、労働に著しい制限を加える事を必要とする状態。

障害手当金

障害等級1~3に該当しないが、生活や労働に制限が生じる場合

以上のように【障害】の状態合わせて【障害年金】の等級は決定されます。これについては医師の診断が主な判断材料となります。

これはあくまでも個人的な感想なのですが、診断の際に【自分の状態を軽め】に伝えてしまう方が多くいるように思います。

質問に対して「無理をすれば出来る」「頑張れば出来なくもない」と考えて【大丈夫です!】【出来ます!】と回答してしまひとをたくさん見てきました。

最終的に【障害年金】を支給の可否は提出された資料をもとに判断されます。この為、医師の診断や質問については、自分の状態を正確に伝えることが大切です。

しっかりとご自分の将来を考えながら、遠慮などせずに行動する事をおすすめいたします。

 

まとめ

これまで年金を違法に滞納せずに納付し、現在一定以上の障害で悩んでいる方は【障害年金】を受給できる可能性があります。

【年金を利用する事に抵抗がある】【書類の記入方法が分からないなど】【障害年金を受給出来ることを知らない】など色々な理由で、【障害年金】申請をしていない人は多いようです。

しかし、これまで頑張って働き、年金を納付していた方には【障害年金】受給する権利があるのです。

病気や怪我により、体に障害が残り安定した就労が出来ない場合は恥じる事無く【障害年金】に頼ることをおすすめします。

また、少しお金はかかってしまいますが、【障害年金】の対応を請け負っている法律事務所もあります。

なかには成功報酬で対応している事務所もありますので、自分だけで【障害年金】の手続きが難しい方は、そういったところに相談してみることも非常に有効でおすすめです。

【傷病手当金はこちら】

【障害年金はこちら】

 

-社会保障, 障害年金
-, , ,