日記

【ガッテン⁉️】知ってて良かった身体の仕組み❗️拘縮が出来た朝に吠える‼️

Pocket

【拘縮】医療・介護業界に勤務している方ならご存知かと思います。

 

簡単に述べますと、筋肉や関節などが変性し、曲がったり伸びたりしたままの状態で固まってしまう現象です。

 

 

確定的な原因は不明なのですが、筋肉の過度の緊張による【こわばり】から生じる、硬直や不動による関節周囲の軟部組織の変性などが、【拘縮】発生の要因として考えられるでしょう。

 

この【拘縮】生じてしまうと、関節の可動範囲に制限が出てしまい、日常生活動作に問題が発生してきます。

 

さらに、痛みがついて回る上に改善には時間が掛かるという、厄介この上ないものなのです。

 

長々と【拘縮】の説明をしたのですが、何が言いたいか?・・・私の両肘に関節拘縮が発生しました_:(´ཀ`」 ∠):

 

恐らく、痛みに耐えるために、縮こまって寝ていた事が原因と考えるのですが・・・え?一晩で発生するの拘縮って💦

 

流石の私もこれにはびっくり‼️

 

しかし、出来立てほやほやの拘縮なので、すぐに対応すれば完璧に修復が可能です。

 

自分で触れたり伸ばしたりしてみると、筋肉が短縮した状態で固まっていたので、急遽お風呂を沸かして突入❗️

 

適度に温めてまして、柔らかさが出て来たところで、ゆっくりと関節を伸ばしていきます。

 

他人の関節を伸ばす際には、細心の注意を払って対応するのですが、自分のであれば比較的ざっくりです💧

 

組織を傷つけない程度に「えいっ」と伸ばします。死ぬほど痛いです💦

 

何度かこれを繰り返して、放置しても伸びたままで維持出来るようになれば完成です。

 

・・・どこかに拘縮にも対応出来る、格安マッサージ店はありませんかね?自分で対応するのにも限界がありますからね。

 

しかし、一晩で身体の状態が大きく変化することがあると考えると、病気や体の仕組みについての知識を持つことは、大切だと思うのでした✨

 

 

 

 

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症に苦しむポンコツ業療法士!これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!もふもふした動物が大好きで、ハムスターとモルモットを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。