未分類

【切望!】願わくばその夢が現実のものとなりますように・・・

Pocket

みなさまは、夢をみた後にそれが現実ではないと知り、がっかりしたことはありますでしょうか?私は夢の中で宝くじを当てて、大喜びしたところで目が覚めた事があります。あの虚しさといったら・・・せめてお金を手にするところまでみたかったです。本日はそんな夢と利用者様のお話です。

 

 

今朝のことなのですが、眠い目をシパシパさせながら出勤すると、フロアがにぎやかです。近付いてみると、利用者様が職員さんに何やら必死に訴えています。

 

 

利 「あの道具を貸してください!」

職 「だから、そんな道具はないんです💦」

利 「そんなはずはない!なんで隠すの!!」

職 「💦」

 

 

そばで聞いていても、いまひとつ要領を得ません。内容も気になりますし、トラブルを放置する訳にもいかないので、仕方なく利用者様から直接お話を聞くことにしました。

 

 

私 「〇〇さんどうされました?」

利 「この人が、あの道具を貸してくれないの!」

私 「それはどんな道具何ですか?名前はわかります?」

利 「名前はわからないわ」

利 「だけど、私が思った通りにギューンって伸びて欲しいものを取って来てくれるの。」

私 「・・・なんぞ?それ?」💦

職 「さっきから、聞いているけど意味が分からないんです💧」

私 「○○さん、それは前に誰かから借りたんですか?」

利 「だから、その人(職)に借りたのよ!」

私 「ちなみに、いつ頃の話ですか?」

利 「えーっと・・・いつだったかしら?」

利 「ああ、昨日の夜よ!」

私 「あの、職さんは夜は居ませんよ?」

利 「・・・???そうだわ!昨日の夢の中で借りたの!」

利 「とても便利だから、もう一度貸して欲しいの!」

私 「・・・○○さん気持ちは分かりますが、無理ですわぁ💧」

 

 

まとめると、利用者様の○○さんは夢の中で、職員さんから『自分の意志で自由に動かせる』マジックハンドのような道具を借りたらしく、それがとても便利だったので是非また貸して欲しい!何なら、自分も購入したい!と思ったらしいのです。

 

 

○○さんの気持はよーくわかります。彼女は手が不自由ですから・・・ただ、そんな便利アイテムが実際に存在するはずもなく、希望に沿う事は難しいようです。

 

 

結局、そのような道具は無い事や、あくまでも夢の中の出来事であることを訴え続けて、何とか納得してもらう事ができました。まぁ、しばらくはブツブツ文句を言っていましたが💧

 

 

実はこういった出来事は、それほど珍しいことでもなく、特に認知症を患ってる方ではそこそこの頻度で見かけたりします。ただ、認知症があるだけに、説明してもなかなか納得してもらえない場合もあるので悩ましい問題ではあります。

 

 

ちなみに以前には違う方から、「担当のお医者様がSTAP細胞が完成したから、治療に来るように言っている」とのお話をお聞きしました。ついでに、私も『線維筋痛症の治療薬が完成した』夢を見た事があります。

 

 

やはり、病気や怪我をして不自由になると悩む機会が増えるためか、それらに関係する夢をみることが多くなるのかも知れません。そういった夢をみる利用者様はやはり現状に不満があるという事なのでしょう。

 

 

そういった方に対して、少しでも理想に近づけるようなリハビリや介護を提供出来るようになりたいね!と職員一同で話し合ったりした有意義な一日でした。

 

 

それにしても・・・宝くじの夢の続きも是非見たいのですが・・・どうしたらいいですかね?ああ、現実でも構いませんけどね(;´Д`)

 

ではまた!

 

 

 

 

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症に苦しむポンコツ業療法士!これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!もふもふした動物が大好きで、ハムスターとモルモットを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。