闘病日記

持っていますか?『断る勇気‼』優しい人程嵌る仕事の沼についてぶった切り‼

Pocket

 

 

 

厳しい戦いが繰り広げられる、医療・介護業界・・・ここで生き抜いていく為には『断る勇気』が不可欠な要素です。何故なら「あ、こいつ断らない!」と思われたが最後、あれもこれもと業務を押し付けられて「あっ!」という間に動きが取れなくなってしまうからです。

 

 

 

 

 

これを聞いて「そんな、大袈裟な」と思ったあなた!もし、その程度の甘い認識で介護業界に飛び込んできたら、待っているのは『終わることの無いリボ払い』の様な地獄ですよ?

 

 

 

 

せっかくなので、『断る勇気』を持てなかった1人の中年男性の体験をお話しましょう。それはその日は風邪引きが多く、介護スタッフが人員不足でありました。彼がいつもの様にリハビリ業務に取り組んでいるとフロアに「すいませーん!○○さんの上着を持って来て下さーい!!」との声が響き渡ります。

 

 

 

 

 

どうやら利用者様がお茶をこぼしてしまい、上着を着替えるようです。急いでいる様子なので彼は走って上着を取りに行きます。この時、彼は「人員が少ない時には、協力していかないとね♪」などと気軽に考えていたのですが・・・

 

 

 

 

 

その件以降、「トイレに行くから見守りお願いします。」「休憩に行くからトイレ介助お願い!」「フロアのモップ掛けやってね!!」「ゴミが落ちてるよ?」と仕事を頼まれる事が増えていきます。しかも徐々に【お願い】から【何でやってないの?】みたいな態度になっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

極めつけは、夕方に利用者様の誘導を手伝っていると、定時になったからと業務を放置して帰宅していく介護スタッフまで出る始末です・・・

 

 

 

 

その後、介護職員の不足が解消されても一度出来たルール?は変わらず、何かあれば彼に依頼が来る様になってしまいました。流石にこれは・・・と思い、彼が口を開くと、介護のお局様が「他人の手伝いが出来るくらい暇なんでしょ?だったら別に良いじゃない⁉」等と言い始めます(;´・ω・)

 

 

 

 

 

・・・まぁ私に起こった事なんですけどね”(-“”-)”

 

 

 

 

当然ですが、暇な訳はありません。介護業務を手伝った分はサービス残業で穴埋めしているのです。にも拘らずこの仕打ち!あんまりだなぁと思わずにはいられませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事が起きる原因として、【介護業務が忙しい事】【基本的に人員が不足している事】【おじちゃん・おばちゃん職員が多い事(差別的な意味では無いです)】などが挙げられるかと思います。

 

 

 

 

 

基本的に介護業界は人員不足かつ忙しいです。それこそ、いつでも【やらなくて良い理由】を探している程度には・・・

 

 

 

 

さらに、団塊世代の職員もそこそこ在籍しており、彼らは良くも悪くも空気を読まない事が多い様に感じています。あと体力面に問題がある方が多い様な気もします。その為か、こちらにどの様な意図や都合があろうと一度手伝ってしまえば、自分達の都合の良い様に思い込み、次からも「手伝って当たり前」という流れを作り出してしまう傾向がみられる様に思います。

 

 

 

 

 

結果として、頑張る人だけが損をして疲れて果てていく現場が出来てしまうのです。当然団塊世代の方にも空気を読み、スマートに業務をこなされる方は沢山います。しかし、何故か私の前に現れる方々は・・・おおらかと言うか雑と言うか・・・仕事が絡まなければいい人なんですけどね(*’ω’*)

 

 

 

 

 

以前にお話した事があるかと思いますが、『医療・介護業界は魔境』です驚くほど良い人も居れば、見た事も無い様な人格破綻者も存在しています。そのような業界で長く生き抜いていく為にはやはり『断る勇気』は必須のスキルだと思っています。

 

 

 

 

ちなみに、ただ断るだけではトラブルのもとになる可能性もある為、重要そうな事や急ぎの業務であれば話を聞き、そうでなければ「利用者さんに呼ばれていて~」「今、丁度○○の仕事を依頼されたんです~」などと言いながらスマートに断るのが良いかと思います。

 

 

 

 

ちなみに私は、急ぎでない業務の依頼は、利用者さんに呼ばれている事にして回避する様になりました。正直、依頼全てを手伝っていた時とは、1日が終わった時の疲労度が全く違います。そうでなくても疲れを感じ易い業界です。1人で仕事を抱え込み、健康に害を与えることの無い様に上手く生き抜いていきましょう!ではまた!

 

 

 

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症を発症した作業療法士の中年男。これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!もふもふした動物が大好きで、ハムスターとモルモットを扶養しています。もるもる協会入会済み!! こちらも( `・∀・´)ノヨロシク https://ameblo.jp/mofumofupapan
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。