闘病日記

それ本当?『ここでダメなら、何処に行っても使えない』に隠された本音を考察‼

Pocket

 

 

「ここで無理なら、どこに行っても通用しない!」こんな言葉を聞いたことはありますか?もしかしたら自分が言われたことがある人もいるかもしれません。でもこの言葉、私は嘘だと思っています!

 

 

 

 

 

私は作業療法士になってから、介護士さんから退職についての相談をされる事が多いのですが、「他の施設はどの様な雰囲気だったか?」や「退職希望を伝えたら先ほどの言葉を告げられた!本当なのか?」といった内容が殆どです。

 

 

 

 

 

 

私が見る限り、『他所で通用しない』と言われた介護士さんが能力的に劣っている事など無く、どちらかと言うと施設側に問題がある場合が多い様に感じています。以前の職場では介護スタッフ内でいじめの様な事が横行していましたし、現在の職場ではお局様によるパワハラギリギリの指導が行われています。

 

 

 

 

 

 

上層部に状況は伝えているのですが、なかなか腰が重くこちらの希望通りには動いてくれていません。結果、介護士さんが続々と退職を希望しているのですが・・・

 

 

 

 

 

介護士さんの退職が続くと問題になるのは、人員不足と施設の評判でしょうか?最近では介護業界に入って来る人も少ないですし、悪い噂はSNSですぐに拡散されてしまいます。そのような事情もあり、上層部としては退職者を引き止める事に必死なのです。恐らく余りにも必死になり過ぎて、退職希望者に脅しを掛けてでも引き止めたい状態なのだと私は考えています。

 

 

 

 

 

このような相談を受けた場合、組織に属する身からすると「そうですね!よそだと厳しいですね!!」と答えるのが正解なのでしょうが、私としては施設の都合よりも介護士さんの人生を優先したいですから、だいたいはこの様に答えています。

 

 

 

 

 

私「ああ、その言葉嘘ですよ?だって試してもないのに分かるわけないですし、何だったらこの施設、かなりブラックなところがあるからよその方が良いまでありますね♪」

 

 

 

 

 

この様に答えると、相談に来ていた人は安心して施設を卒業していきます(*’ω’*)そして、後日やり取りをするとみんな他所で問題なく仕事が出来ているそうです。

 

 

 

 

 

・・・人生は短いのです!本来、自分に合わない事を無理に頑張ってやっている暇はないはずなのです。何度も言いますが、冒頭の言葉は、引き止めの為の脅しである事が大半ですので、必要以上に悩んだり迷ったりする必要はありません。

 

 

 

 

 

それ以外にも「ここに残る人の事は考えているの?」なども良く耳にする言葉ですが、これも聞き流して構わないと思います。何故なら、今悩んでいるあなたの事を、その人達は気にしてくれていないと思います。世の中そんなものなのです。

 

 

 

 

 

なので、自分を誤魔化し不安に怯えながら頑張って心や体を病むくらいなら、さっさと次を探す方がずっと建設的かつ健康的に人生を送る事が出来るはずです。積極的に退職を促すわけではありませんし、何の準備もなく退職するのもお勧めしませんが、自分の人生ですのでどうか自分らしく歩まれますよう、お願い申し上げます。ではまた!

 

 

 

 

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症に苦しむポンコツ業療法士!これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!もふもふした動物が大好きで、ハムスターとモルモットを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。