闘病日記

 『こんな事も出来ないの?』と言う人に・・・オマエモナーと言ってみたい!闘病日記94日目

Pocket

 

 

 

やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。 

 

 

 

2月もそろそろ終わりが見えてきました。結局私は今月中ビタ一日働かずに終わりそうです。ということは、来月のお給料は0円となります。むしろ社会保険料を払わなければいけないのでマイナスになります。来月分の支払いどうしましょう(;´・ω・)

 

 

 

 

さて、3月は去ると言います。これまたあっという間に過ぎていく事でしょう。そしてその後は4月です。みなさまの職場には新入社員は入ってきますでしょうか?私の職場は・・・どうかな(´-ω-`)?

 

 

 

 

新入社員が入って来ると気になるのは、『新人教育』の事でしょうか・・・私は介護業界の新人教育には苦い思い出しかありません。この為、3~6月辺りは気分が憂鬱になってしまいます。

 

 

 

私は昔、工場の生産ラインで働いていた事があります。その職場内で私たちは、工場内土方と言われ事務方から馬鹿にされたりしていたのですが、教育のシステムは非常に充実していました。

 

 

 

 

試用期間が3ヵ月程あるのですが、それが終了する頃には、教育を受けた者は概ね同じレベルで作業に取り組めるようになりますし、途中で退職に追い込まれる人も殆どいなかったように記憶しています。

 

 

 

 

 

反面、医療・介護業界の新人教育は、非常に雑であると感じています。私が経験した施設だけなのかもしれませんが、統一されたマニュアルなどは存在せず指導者が口頭で作業を教えていきます。まるで原始人類の口伝でも見ているかのようです。

 

 

 

 

しかも、指導する人によって言っている事がバラバラなのは当たり前で、酷い場合には同じ人が教えているのに、毎日言っている事が変わる場合もあります。一言で言ってしまえば、医療・介護業界の教育方法は理論的では無く感情的な面が強いのだと思います。

 

 

 

 

 

更に困った事は、医療・介護業界では即戦力を求める傾向が強い事です。既存の職員さんが『出来る新人』を求める気持ちは分からなくはありません。しかし、入職2日目程度の新人に向かって「仕事が遅い!」だの「最近の若い人はこれだから!!」、「何故こんな事も出来ないの!」などと怒鳴り付ける職員の多い事・・・

 

 

 

 

・・・いや、まぁ、無理でしょうよ入職2日目だし(´-ω-`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その様な現場に居合わせる度に私はこんな話をします。新人が仕事が遅いのは当然です。『こんな事』が出来ないと言いますが、それ、キチンと指導しましたか?そもそも入職2日目の人が、バリバリ働ける程度の簡単な業務であれば、私達古参は不要ですよね?

 

 

 

 

これを言われた職員さんは大抵嫌な顔をして去っていきます。後で陰口とか言われるのかな?とか余計な事をしたかな?と悩みはしますが、感情的になり理不尽な指導を行えば新人さんはすぐに辞めてしまいます。何故なら今は介護・看護系の職は人手が不足しているのですから、別にうちで我慢して働く事必要はないですよね(*’ω’*)

 

 

 

 

教育担当者さんにはその辺りも考えながら指導を進めて頂きたいものです。SNS全盛のこのご時世。あまりおかしな事をしていると、すぐにパワハラ施設だと噂が広がってしまいます。

 

 

 

 

さて冒頭の言葉は、山本五十六氏の残した名言です。この言葉を見るに教育というものは昔から大変な事であったのだと考えさせられます。新人教育は手間と時間の掛かるものです。しかし、慌てず丁寧に対応する事で新人だけでなく、指導者側の成長も期待出来ます。ちなみにこの名言には続きがあります。それがこちら・・・

 

 

 

 

 

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。 やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

 

 

 

 

 

どうやら相手の話を聞き、認めてあげる事が重要なようです。新人教育に関しては、指導担当者だけに負担を押し付けるのではなく指導マニュアル作成意見の聞き取り・擦り合わせ業務面でのフォローなど職場全体で関わっていくようなシステム作りが重要となって来るのではないかと個人的には考えています。

 

 

 

 

みなさまの職場の教育システムはどの様になっていますか?業界によっては、そろそろ準備に取り掛かる必要が出て来るのではないかと思います。理想論的になってしまいますが、是非、職場内のすべての人が幸せを感じることが出来るような指導方法を探してみて下さい。

 

 

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症に苦しむポンコツ業療法士!これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!もふもふした動物が大好きで、ハムスターとモルモットを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。