日記

理想論で仕事は出来ない?確かにそうですね!でもそれ本当に理想論?闘病日記94日目

Pocket

 

 

 

介護・福祉系の仕事をしていると、「理想論で仕事は出来ない!」と言った言葉を良く耳にします。確かに理想論だけで仕事を上手く回していく事は難しいと思います。

 

 

 

 

しかし、私はたまに思うのです「私が職場で耳にする、理想論と呼ばれる言葉達は本当に理想論なのか?」と・・・

 

 

 

 

理想論を盾にする!?

 

 

私の介護施設での体験を例にして考えてみます。かなり昔の事ですが、職員の人数が少なく、日常の業務に支障が出ている状態であるにも関わらず、施設長から「利用者様とご家族様の希望を全て叶えて、満足してもらうように!」といった指示が出た事があります。

 

 

 

 

この指示は、漠然とし過ぎているに加え、十分な人員を揃えていたとしても実現は不可能に近いと思われます。ですのでこの指示に関しては理想論と考えて処理して良いかと思います。実際当時の私達も出来る範囲でしか対応が取れませんでした。

 

 

 

 

しかし、もし指示の内容が『利用者様の離床時間を長めにとり、廃用予防に努める。』『ご家族様がいらしたら挨拶・面談室までの誘導を行い、気持ちよく面会をして頂く。』『介助方法を見直して腰痛予防に努める。』などであればどうでしょうか?

 

 

 

 

これらの指示は、どれも時間の調整やちょっとした工夫で実行可能なものであると思います。この為、私としては現実的であると考えるのですが・・・経験上これらの指示に対しても、理想論を盾にして騒ぐ人が存在しているのです。

 

 

 

 

理想論について辞書で調べると、『現実の状況は考えに入れず、理想だけをいう意見や主張。』とあります。一言でいうならば、実現不可能かそれに近い意見や主張の事になるかと思います。であるならば、僅かな労力を割く事で実現可能なものは、本当に理想論と呼んで良いものなのでしょうか?

 

 

 

 

理想論だと騒ぐ人の言い分は概ね似たようなもので、「離床しても100%廃用が防げるわけではないでしょ?」「介助方法を見直しても体格差があったりするから、絶対に腰痛にならないわけではないでしょ?」『だったらそんな理想論には従えない』といった内容が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほど調べた意味からすると、理想論は100%か否かを定義するものではありません。にも拘らず、突然100%の結果絶対的な改善を希望し、それが無理ならやらないと言う考え方には疑問を感じます。

 

 

 

 

世の中で100%を謳っているものなど、果物や野菜のジュースか詐欺まがいの何か位なものではないでしょうか?何よりこれまでの介護業務に100%安全を謳っているものがあったようには思えません。

 

 

 

 

この様な事から「理想論だから・・・」と言っている人に対して再度、疑問を投げ掛けたいと思います。その意見や提案、指示は本当に『理想論』ですか?あなたがそう決めつけているだけではありませんか?

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

医療・介護業界で働く人達に限らずすべての人々は日々忙しく、それまでと異なる仕事や流れが生じる事に抵抗を感じる事が多いようです。私自身も新しい事に挑戦したり、業務の流れを変えていくのは面倒だと思う事も多々あります。

 

 

 

 

しかし、現状に何らかの問題があるからこそ、新しい意見や提案が出されているのです。それを頭から理想論だと断じて拒否する事は得策ではないように思います。何もしなければ0%なわけですから、何かをやってみて50%でも60%でも変わってくれば、それは成功と言っても良いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症に苦しむポンコツ業療法士!これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!もふもふした動物が大好きで、ハムスターとモルモットを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。