闘病日記

驚きの花粉症対策⁉『鼻うがい』はメジャーなのか⁉

Pocket

 

 

2月も後半戦に入り暖かい日が増えてきたように感じます。少しずつ寒い日と暖かい日の気温差が減少してくると、痛みの振れ幅が少なくなって来るので早いところ安定した気候になって欲しいと望んでいる今日この頃です。

 

 

 

ところで、最近少し困っている事があります。・・・いや、私の場合常に困ってはいるのですが(;´・ω・)

 

 

 

 

これまでの線維筋痛症や生活の悩みに加えて、新たな困り事が発生した感じでしょうか・・・以前くしゃみが止まらないため、部屋の掃除を行った旨を記事にしました。その後2~3日は少し状態が良いように感じていたのですが、最近になり一段とくしゃみが酷くなって来ました。

 

 

 

 

先日、病院に伺った際に先生とお話をさせて頂いたのですが、「花粉症かも知れんね!」と言われ軽くショックを受けました。去年まで花粉は大丈夫だったのに・・・”(-“”-)”

 

 

 

本格的な検査はまた次回という事でその場は終了したのですが、くしゃみをする度に身体中が痛む事と、目や鼻の回りを触るせいかその辺りにも痛みが出現して来てなかなかに悲惨な事になっています。

 

 

 

次の病院受診日まではまだ時間がある為、少しでも状態の改善を図るべく独自に花粉症の事を調べて有効な対処法は無いかを探ってみる事にしました。

 

 

 

 

花粉症とは

 

花粉症は、季節性アレルギーとも呼ばれ、スギなどの植物の花粉が鼻腔内に入って来たことに対して免疫システムが働き、鼻水やクシャミなどの症状が引き起こされる現象を指します。

 

 

 

 

一次的症状と二次的症状

 

 

一次的症状

 

クシャミ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみは主症状として出現する為、花粉症の4大症状と呼ばれています。但しくしゃみや鼻水、鼻づまりは【アレルギー性鼻炎】で、目のかゆみは【アレルギー性結膜炎】に分類されるため、鼻症状と目の症状を分けて考える場合もあるようです。

 

 

 

 

二次的症状

 

一時的症状が出現した事により二次的に生じる症状で、鼻づまりにより匂いが分からなくなったり、口呼吸が増加したり、それにより喉に不快感が生じるなどの症状が挙げられます。他にも目や耳の異物感を生じたり、重度ではアナフィラキシーショックを引き起こす場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

この様に、花粉症にも色々な症状があるのですが、ざっくり言ってしまえば花粉が目や鼻腔内の粘膜に接触する事により生じるアレルギーという事になります。

 

 

 

 

であるならば、鼻腔内や眼球の洗浄は有効な対処法になると考えられます。・・・しかし、普通に水で洗浄するのは抵抗があります。・・・痛いですし(;´・ω・)

 

 

 

 

なにか良い方法は無いものかと、インターネットで情報を探していると・・・見つけました。小林製薬の【ハナノア】なんでも【鼻うがい】が手軽に出来るとの事です。広告の絵面は非常にヨクナイデスケド・・・”(-“”-)”

 

 

 

アマゾンなどでもなかなかに評価が良く価格もそこまで高いわけでは無いため、今の不快感が少しでも改善されるならと思い購入してみる事にしました。後日使用した感想などもまとめてみたいと思っています。一応最後に小林製薬のHPも載せています。

 

 

 

 

まとめ

 

 

花粉症は、花粉が鼻腔内の粘膜に付着する事で生じるアレルギー反応で、【鼻うがい】などを行う事で、改善が出来る可能性がある事がわかりました。その他にも鼻炎薬やマスクなどによる対策も必要になるかとは思いますが、まずは鼻うがいを実践してみたいと思います。ではまた!

 

 

https://www.kobayashi.co.jp/brand/hananoa/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=all

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症を発症した作業療法士の中年男。これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!もふもふした動物が大好きで、ハムスターとモルモットを扶養しています。もるもる協会入会済み!! こちらも( `・∀・´)ノヨロシク https://ameblo.jp/mofumofupapan
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。