日記

線維筋痛症OTの復職・闘病日記~60日目~<スマホゲームとリハビリと!>

Pocket

 

 

 

 

 

みなさまこんばんは!本日は職場に復帰して60日目!!やっと2ヵ月ですが自分としては頑張れているのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

ところで、みなさまはスマホゲームはプレイしていますでしょうか?私は以前、職場内で利用者様と一緒にモンスターストライクをプレイしていたら上司さんに見つかり、しこたま怒られたことがあります(;´・ω・)

 

 

 

 

 

理由を聞かれたので、認知症予防と携帯電話の操作を習得する為のリハビリだと答えたのですが、残念ながら認められませんでした。個人的には、MMSEや長谷川も取らずに実施している計算課題とか漢字課題よりは、認知機能向上に効果がありそうな気がするのですが・・・。

 

 

 

 

 

確かに、1人でスマホゲームをプレイしても認知症の予防には繋がらないと思います。しかし、その時は複数の利用者様と職員に声を掛けて、マルチプレイを実施していたのです。当然、休憩時間にですよ?

 

 

 

 

 

小集団としてはそこそこ機能していましたし、ゲームを中心に男性利用者様の間で新しいコミュニティーが形成され始めていたため、今後の事を考えても期待値が高かったのですが、施設内でゲームをすること自体がモラルに反すると言われてしったので、それ以上言えることはありませんでした。

 

 

 

 

 

ただ少し思うのは、一時期ニンテンドーのwiiをリハビリに取り入れている施設が沢山あったように記憶しているのですが、あれはまたスマホゲームとは別物なのでしょうか・・・?

 

 

 

 

 

ちなみに昔、勤務していた施設ではリハビリ室に利用者様を呼び込むために【聖闘士星矢】のコミックスを布教したことがあります。その時は上司さん達にばれる事もなく、数名の利用者様を【聖闘士星矢】の虜にすることに成功しました。

 

 

 

 

 

・・・目的通りに、利用者様をリハビリ室に呼び込む事には成功したものの、90歳の高齢女性や80代後半の高齢男性が椅子に座って【聖闘士星矢】を読みふける姿は、ある意味シュールなものを感じざるを得ませんでした(;一_一)

 

 

 

 

 

これから先、介護業界でも団塊世代の方々が入所してくる時代になっていきます。というか既になり始めています。この世代の方々は、これまでの世代ように昭和歌謡を聞いて懐かしむことや、輪投げや玉入れ等といったレクリエーションに参加して喜ぶことは少ないと思われます。

 

 

 

 

 

なので、リハビリに限らずレクリエーションや机上課題なども時代に合わせて変えていくことも必要になるのではないでしょうか?私としては、「予算と状況が許されるなら施設入所者を大量に巻き込んで大型のMMORPGとかやってみたいなぁ」とか考えているのでした。

 

 

 

 

みなさまも来るべき新時代に合わせて、既成概念を打ち壊すような斬新なリハビリやレクリエーションを考えてみては如何でしょうか?ではまた。・・・・・・色々試す際は、自己責任でお願い致します(;・∀・)

 

 

 

 

 

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症に苦しむポンコツ業療法士!これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!もふもふした動物が大好きで、ハムスターとモルモットを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。