ぱぱんのもふもふライフ
職場復帰と闘病日記

線維筋痛症OTの復職・闘病日記~47日目~<環境調整>

Pocket

 

 

 

みなさまこんにちは!本日は【線維筋痛症】による体の痛みが酷く、業務に対応出来なさそうなのでお休みです。やはり先日の揉め事によるストレスはよろしく無かったようです。

 

 

 

 

一応、上司さんには事前に説明をしていたので大事には至らなかったのですが、自身の不甲斐無さに頭を痛めております。

 

 

 

 

でもまあ、くよくよしても仕方ありません。悩みすぎると余計なストレスを抱えてしまいますからね!取り敢えず横になりつつ、業務に使えそうな知識や技術を調べておくとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は少し変わるのですが、先日とある利用者様の件で上司さんとお話した際の事です。この利用者様については以前から介入をしており、訓練内容や環境調整などを行っていたのですが、なかなか思うような結果が出ておらず、再度の話合いとなったのです。

 

 

 

私と上司さんで、色々な意見や案を出し合ったのですが、最終的にその利用者様をこれ以上変えることはほぼ不可能なので、引き続き環境を調整する事で対応する事が決まりました。

 

 

 

 

・・・そしてここで問題となるのが、【環境】についてです。ここでいう【環境】とは利用者様を取り巻く【場所】【道具】【人】その他様々な要因を含めたものとなります。

 

 

 

 

そして私が干渉して調整できるものは、【場所】と【道具】・・・おまけ程度に利用者様自身の身体機能の一部程度でしょうか。

 

 

 

 

ここで問題が生じます。実は私と上司さんそして当の利用者様の中では目指すゴールが見えており、【場所】【道具】【利用者様の身体機能】はそのゴールに到達しているのです。

 

 

 

 

・・・そう・・・私と上司さんの中では一応終了した案件だったわけです。しかし、問題となったのは、【環境】の中にある【人】だったのです。

 

 

 

 

曰く「立ち上がるからこけそうで怖い」、曰く「姿勢が斜めになっていた見守り出来ない」、曰く「忙しくて見ている暇がない」等々・・・様々な意見と共に、調整をしている【場所】【道具】【身体機能】の排除に全力を尽くします・・・( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私や上司さんの意見としては、「元々立ち上がってたよね?しかも転倒したことは無い。」、「姿勢はいつも斜めだったり、テーブルに突っ伏してたりしてるよね?しかも怪我などは今までない。」、「見守りや利用者様の姿勢の調整も介護さんのお仕事の1つだよね?」

 

 

 

 

・・・そうなんですよね・・・実は、椅子の高さとテーブルの高さの調整を行い、訓練回数を増やして体幹と上肢の機能改善を行っただけなんですよね。なので当の利用者様の日常生活自体にはこれまでと何の変化もありません。

 

 

 

 

・・・結論として、今までは利用者様に対してなーんの興味も持っておらず、日中見守りと称して、ぼーっとしてただけ。だから利用者様の事が分かっていない。

 

 

 

 

それで、今回環境調整等々の話が出てきて、意識を向けてみたら【立ち上がり行為】や【姿勢崩れ】があった。【危ない】⇒【見守り面倒臭い】⇒【リハビリが悪い!!】・・・となっただけと言うのが上司さんの考えでした。

 

 

 

 

ちなみに、上記のクレームというかご意見を下さったのは、先日の『お局様』ともう一人の『お局様Ⅱ』の『ツボネーズ』なのです。

 

 

 

 

私も上司さんも環境調整など、これまでやっていなかったことを始めればこのような問題が出て来ることは理解していました。しかし、ものの見事に仕事しないで人に文句ばかり言う2人が炙り出されるとは・・・”(-“”-)”

 

 

 

 

そこで、出てきたのが現状を維持しつつの環境調整です。もうお分かりですかね?この調整する環境は【人】です。『ツボネーズ』のお二人には今後、上司さんやさらに上の上司さんからの【指導】【教育】などの調整が入る事となります。

 

 

 

 

私の職場にも色々な問題があり、それを改善したいと思っていたTOP層が利用者様に対するサービスの向上を目的として機能訓練を実施していた私を利用する形なのでしょうか?これもまた環境調整の一種なのかも知れません。

 

 

 

 

『ツボネーズ』の業務態度が改善することを願うとともに、今後私自身が環境から排除されることの無い様に祈るばかりです・・・(;´Д`)

 

 

 

 

みなさまも、職場内で新しいことが始まる際には、その目的や周囲の雰囲気に気を配り、不要なトラブルを起こさぬようお気を付けくださいませ。ではまた。

 

 

 

 

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症を発症した作業療法士の中年男。これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!もふもふした動物が大好きで、ハムスターとモルモットを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
RELATED POST
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。