日記

線維筋痛症OTの復職・闘病日記~31日目~<聖なる夜の恐怖体験!怖いのだけは勘弁な!!>

Pocket

みなさまこんにちは!昨晩はお楽しみでしたでしょうか?私はインフルエンザの影響か、ちょっとした恐怖体験をする羽目に・・・本当に今年のクリスマスはてんこ盛りです。

さて、その恐怖体験の内容なのですが・・・案外良く聞く話で新鮮味はないのですが、体験した私自身は、かなり((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル状態になりました。

・・・始まりは昨日の夜の事でした。案の定と言うか、やっぱりと言うか昼間は38・0度台に下がっていた熱が夕方位か上昇をはじめ、気が付けば39・7度まで到達( ゚Д゚)あわや40.0度の大台に届くかという状態に。

この為、私は早々に薬を飲み眠りに入ったのです。・・・どのくらいの時間が経過したのでしょう酷い寒気と頭痛、そして宴会でも開いているかのような賑やかな声により、少しづつ意識が覚醒していきました。

目を開くと部屋は豆電球が点灯した状態で薄暗く、ハムスターが回し車を回す音が聞こえてきます。そこで、私は「ああ、さっきの声は夢か何かだったのかな?」と思いました。

・・・しかしです。突如として響き渡る大きな笑い声と手拍子・・・それも1人や2人のものではなく、確実に10人以上は居そうな騒ぎ声・・・。私は思わず部屋を見渡しますが、当然部屋の中にそのような団体さんは居ませんでした。

オロオロしている間も繰り広げらる喧噪・・・そして、そんな喧騒とは別にお祭りで聞くような笛や太鼓?のような音が少しづつ近づいて来ます。

クリスマスの夜に8畳一間で繰り広げられる宴会と祭囃子。

【うっわ!マジでコワッ】とか【何故、クリスマスの夜に和風な怪奇現象?】とか【え?何かこれ死ぬやつ?】とか回らない頭と、纏まらない思考をフル回転させている私。

これはかなりまずいのでは?と思うものの声が出せず、体も思うように動かせず・・・これは詰んだと考えたその時、ふと私の指に心地よい刺激が・・・

ムニムニ、さわさわ、つんつんそんな感じの良く知っている感触です。感触がする方に目をやるとモルモットのはるくんが、何だか心配そうな顔つきで私の手に体を擦りつけたり甘噛みしたりしていました。

「ああ、はるくん起きてたのかぁ。甘噛みまでしてくれるとは今日はサービスが良いな」と思った瞬間・・・宴会の音も祭囃子も消えていました。部屋に響くのはハムスターが回す回し車の音だけです。

取り敢えず怠い体を無理やり起こして、はるくんを撫でまわしたのですが、何か服も布団もぐっしょりで、「これ・・・汗だけ?お〇っこ漏らしてね?」てなりました。

 

 

その後、体を拭いて着替えをして熱を測ると39.3度でまだまだ回復には時間が掛かりそうな感じでした。多分、熱が出過ぎて夢と現実が曖昧になってたか、幻聴が聞こえてたんだろうなぁとは思っていますが、その時は壮絶な恐怖を感じていました。・・・意識を戻してくれたはるくんに感謝しなきゃ(*’ω’*)

 

 

それにしても、本当に謎なのは何故、和風の現象だったのかってことですよ!せめてクリスマスらしく、ベルの音とかサンタ登場的な音であれば、まだ雰囲気があったものを・・・(;´・ω・)

 

 

何はともあれ、熱を下げるためにまだまだ大人しくしておきます。あーあ、安くなったクリスマスケーキとか貪り食いたかったのになぁ(*ノωノ)ではまた。

 

 

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症に苦しむポンコツ業療法士!これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!もふもふした動物が大好きで、ハムスターとモルモットを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。