日記

線維筋痛症OTの復職・闘病日記~22日目~<塀の中>

Pocket

みなさまこんばんは!ご機嫌如何でしょうか?私はそこそこ元気です。

 

 

本日の業務中にとても不機嫌な利用者様が!!他の職員さんでは手に負えないとの事で私がリハビリを行いながら話をすることに・・・そのなかで中々に深いお言葉を頂きましたのでまとめておきたいと思います。

 

 

私「○○さんどうしました?何か気になる事がありましたか?」

 

 

利「ここは刑務所と変わらん!堀の中に居るようじゃ・・・」

 

 

利「毎日朝早くから起こされて、ここ(デイルーム)に連れてこられる・・・その後は夕方部屋に戻るまで自由に出来ず、職員の言うがままに生活を送っちょる・・・」

 

 

私「えーと・・・日中は自由に動いて頂いて構わないのですが・・・」

 

 

利「この部屋の中ではじゃろ、ここから出て買い物や自分の部屋には行けんじゃろ・・・」

 

 

私「・・・確かにそうですね。しかも強制的に365日休みなくですね・・・」

 

 

 

そうなのです。私の勤務する施設では、利用者様が日中デイルームから出ていくことを酷く嫌います。当然施設内から出ていくことは無理に近いです。

デイルームや施設から出ていくチャンスがあるとしたら、病院受診やご家族様が迎えに来た時、訪問リハビリ、面会の時くらいでしょうか・・・

以前リハビリで外の歩行をやりたいと申し出た際には、こっぴどく怒られて不許可となりました。

何故そこまでこだわるのか聞いたことがあるのですが、何やら法律との関係もある様子。デイルーム内に利用者様が居ない時間はデイサービスの利用料が算定出来ないとか・・・。

そういう話ならば、私も一企業人として強くは出られません(´-ω-`)なるべくデイルーム内で楽しんで頂けるように頑張っているつもりではあるのですが・・・まだまだのようです。

そして件の利用者様との話の続き

利「ここは生活をする施設と聞いていた。娯楽が少ない事や飯がまずいことはある程度諦めがつく・・・ただ、わしは80年近く生きてきて12時間も椅子に座りっぱなしなどという生活は送ったことがない。ここは本当に生活のための施設なのか?」

私「・・・それについては良くわかります。申し訳ございません。そうですねぇ、12時間座りっぱなしなんて、工場のライン業務くらいですよね。」

利「そうじゃ!そうじゃ!!わははは(*´ω`)あんた上手い事言うのぅ。まったく尻が痛くてかなわん。」

・・・その後もお話を続け、利用者様は機嫌をなおしてくれましたが、まぁ笑い事ではないですよね。実際、私を含め一部の職員で日中の在り方について改善を模索しては居るのですが、現状成果なしの状況です。

 

 

私たちには仕事の一環でも、利用者様にとっては毎日の生活での出来事なんですよね・・・私たち職員は利用者様の優しさに支えられているのだなぁ、と改めて考えさせられた一日でした。

 

 

今後も色々考えながら業務を行っていきたいものです。ではまた

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症に苦しむポンコツ業療法士!これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!もふもふした動物が大好きで、ハムスターとモルモットを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。