社会保障制度

まさかに備えて社会保障制度や保険の事を考える!!<闘病生活とお金の話>

Pocket

みなさまは、現在困っていることはありますでしょうか?私は切実にお金の問題で困っています。療養も3ヵ月となり、年末が近づいて来ました。無収入状態も既に2ヵ月・・・不安にもなろうというものです。

 

 

さて最近、昔の職場の先輩とお話をする機会がありました。その方は、私が退職した後にうつ病となり私と同じような流れで退職されたとのことでした。話題は職場の愚痴や他の職員の近況などから始まり、最後はやはりお金のことになりました。

 

 

その先輩は、傷病手当金の事を知らなかったため、お金がない状況で退職し今はご実家に戻ってご両親の年金で暮らしているとのことでした。収入がないので生活は苦しいし治療も思うように進まないと話されていました。私との話の中で傷病手当金のことを知り、あとで社会保障制度の事を調べてみようと仰っていました。

 

 

病気になると想像以上にお金が掛かります。受診・薬は当然のこととして、入浴が困難になれば体を拭くシートに頼る場合もありますし、料理が出来なければ食べないか弁当などを購入するしかありません。

 

治療が長期化してくれば、保険外の治療健康食品などにも頼りたくなります。お金に余裕があれば、選択肢が広がり治療も大きく進むのでしょうが、我々一般人はそうもいきません。

 

 

下世話な話かもしれませんが、病気になると健康な時以上にお金に対する執着や不安が強くなるように感じています。私だけかもしれませんが・・・

 

 

では、働くことが出来ない場合にどうやってお金を得るか?となるのですが、色々と才能がある方であれば、副業などでお金を生み出せるのでしょう。しかし普通はそう上手くはいきません。そのため、ここで出て来るのが社会保障制度という事になります。

 

 

もともと私が社会保障制度について調べたのは、職業柄耳にする機会が多く、その存在を知っていたからです。しかし冒頭の先輩のように社会保障制度のことを知らなければ権利として受け取れるはずのお金機会を喪失してしまうことを実感しました。

 

 

このようなことから、私自身の今後の為にも改めて社会保障制度について調べてみました。

このように様々な社会保障制度が存在していることがわかります。私の場合は今後の流れ次第では、実家を出て生活保護の申請になるのでしょうか?

 

 

まだまだ十分に調べ切れていないところや、間違いなどがあるかもしれませんが、私たち夫婦を含めた怪我病気に悩む人が社会保障制度について知ることで、少しでもお金や生活の不安が軽くなっていけば幸いです。

 

まさかに備えて社会保障制度や保険の事を考える!あなたの職場の福利厚生はどんな感じ?

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症を発症した作業療法士の中年男。これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!もふもふした動物が大好きで、ハムスターとモルモットを扶養しています。もるもる協会入会済み!! こちらも( `・∀・´)ノヨロシク https://ameblo.jp/mofumofupapan
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。