線維筋痛症

モルモットと学ぶ【線維筋痛症】!!リハビリ職経験者の闘病体験記~治療段階と目標の設定について~

Pocket

ぱぱん
ぱぱん
は~、今日も痛みが出てるなぁ”(-“”-)”
取り敢えず飲んどこ。

あ、ぱぱん!ひとりでなにか食べてますね?ずるいです!!はるも欲しいです!!
はるくん
はるくん

これこれ、はるくんや、それはぱぱんのおさんじゃ!美味しくもないし、はるくんが食べると大変なことになるぞぃ(;・∀・)
ふーたくん
ふーたくん

え~?おさんって・・・ほんとうですか?ぱぱん、おを飲んでも痛そうです(;´・ω・)
はるくん
はるくん

ぱぱん
ぱぱん
まぁ、これで痛みが完全に消えるならありがたいことなんだけどね。でも飲んでないと、もっと酷いことになるんだよ?

そういうことじゃな。何事もお薬さんだけで片付けば苦労はせんよ。うむ!今回はお病気の治療についてふーたさんと学んでみようじゃないか!?
ふーたくん
ふーたくん

はるくん
はるくん
了解しました!はるも学んじゃいますよ~

ふーたくん
ふーたくん
はじめは、治療における痛みの段階付け目標設定から説明しよう!!下の図を見てほしいのじゃが・・・

ふーたくん
ふーたくん
図には、【0~10】までの痛みの程度に応じて立てた目標が記されておる。痛み応じた生活の状態は、中央の【困難~就労可能】の3つのレベルに分割された図に示されておる。

ふーたくん
ふーたくん
治療の進め方としては、痛みを徐々に減らしていく!!になるじゃろう。ぱぱんを見ればわかるが、いきなり痛みを無くすことはほぼ無理じゃ。ゆえに、はじめは痛みを現在の半分にすることが大目標となろう。

ぱぱん
ぱぱん
そうそう、痛みが減れば出来ることが増えてくるからね。治療とリハビリを並行して進める感じかな。

なるほどです。ちなみにNRSっていうのは何のことですか?あと、すべての人がこの絵の通りにはならない気がします!!
はるくん
はるくん

ぱぱん
ぱぱん
NRSっていうのは、主観的な痛みを0~10で評価する指標だね。痛みは人によって感じ方が異なるから、あくまで本人がどう感じるかの評価になる。

ふーたくん
ふーたくん
そして、痛みの程度と目標はあくまでも【ひとつの例】じゃ。そもそも人によって生活の状況は違うものじゃからな!参考程度といったとこじゃろ。

なるほどです!治療を行うにあたって大切なのは、痛みを感じている本人の視点で対応と処置を進めていくことなんですね!!
はるくん
はるくん

ふーたくん
ふーたくん
その通りじゃ!ほかの人が~とか、ご本にはこう書いてあった~とかを信じすぎたり押し付けたりすると、患者さんの心の負担が爆発的に増えてしまい、症状の悪化に繋がりかねないのじゃ!!

ぱぱん
ぱぱん
2もふとも~少し休憩しようか~

休憩中のふーたさんとはるくん。
おやつを食べたり雑談したりしている様子(*´ω`)


ふーたくん
ふーたくん
さて続きじゃ。図を見てもらうと、生活の状態は3つのレベルなのに対して、痛みの程度と目標は、6段階に分かれておるのが把握できると思うのじゃ。

確かにそんな感じで分かれています。
はるくん
はるくん

ふーたくん
ふーたくん
からピンクピンクからの各段階の合間に、色のついてない段階があるじゃろ?これは悪い状態から一足飛びに回復することが難しいことを示しておる。例えば骨折などの治療では、もう少し単純な流れを辿ることが多いと思うのじゃ。まぁこれは、ふーたさん個ハムの考えではあるが・・・

ぱぱん
ぱぱん
いやいや、個別のケースを抜きにすれば外傷の場合は、【受傷】⇒【手術】⇒【リハビリ】⇒【復帰】くらいで流れていくことが多いと思うよ。あくまでぱぱん個人の考えだけど。

ふーたくん
ふーたくん
ふーたさんは線維筋痛症の治療過程は、普通のお病気やお怪我よりも【うつ病】なんかのメンタル疾患に近い経過を辿ると思っておる。共通点も【一般検査で確認しにくい】【目に見えない】【主観的な症状】などがあり、他者からの理解が得られにくいことも同じじゃな。

ぱぱん
ぱぱん
そうだね、目に見えないから理解されにくいし対応もしにくい。更に同じ病名でも人によって状態が全然違う・・・治療も困難になるで悪循環だね。

ちなみにぱぱん的には、特に注意した方が良いと思うことはありますか?
はるくん
はるくん


ぱぱん
ぱぱん
そうだね~。自分で気を付けることは、発病前に出来ていた事は一旦思考から排除して目標を立てた方が良いかな?自分が思っている以上に能力が低下している可能性が高いからね。想像以上に無理が出たり自信の喪失につながるかもしれないしね・・・っていうか私が実際にやらかした訳だけど”(-“”-)”

え?どんなことですか?
はるくん
はるくん


ぱぱん
ぱぱん
発病から半年くらいの時期にね、リハビリ職やってた頃の知識を利用して運動を始めたんだよ。その時は…うん、かなり慎重に能力低下を計算して、滅茶滅茶軽めの負荷をかけたんだよ?・・・だけど結果は失敗。運動は予定の半分も出来ないし、その後の痛みが半端なかった”(-“”-)”お医者さんにも怒られたよ…

あー、うむ…少し具合が良くなるとスグに調子に乗るからじゃよ(一一”)
ふーたくん
ふーたくん


ぱぱん
ぱぱん
…反省してます。あと、家族や友人、会社等周囲の人へのお願いになるかな?回復をあまり急がないで欲しいという事だね。痛みが見えないから仕方のない面もあるけど、やっぱり病気をしてる本人が一番苦しんでるし焦ってると思うのですよ。そして、そんな中で最低限出来ることを探して目標に設定して頑張ってると思うのです。だから周囲から見てレベルが低いと思う事でも、暖かく見守りながら寄り添って頂きたいなーとか(*’ω’*)。


確かにぱぱんも随分と色々言われたからのぅ。みんな気が急いておるからか、ひとつの目標をクリアすると次はかなりハードルの高い目標を求めてくるのじゃ”(-“”-)”体調が日々変化するから一度出来たことが続けて出来るとは限らんしのぅ…『一歩進んで二歩下がる』くらいの気持ちでいた方がお互いに楽じゃと思うよ
ふーたくん
ふーたくん

まぁ、じゃからこそこのブログを参考にして、生活の状態はざっくりと大きく分けて、その中で痛みの程度と目標を、細かく設定して無理のない範囲から治療に取り組んでいくようにしてもらえるとふーたさんも嬉しいぞぃ!
ふーたくん
ふーたくん

ぱぱん
ぱぱん
さてさて、だいぶ長くなってきたから今回は、痛みの程度と目標設定の大切さを伝えて終わりかな?

ふーたくん
ふーたくん
じゃな!次回から本格的に治療の内容に入っていくとしよう。ふふふ、治療方法もお薬から民間療法的なものまで盛りだくさんじゃからな。ぱぱんの体験を交えながら分割していくことになるじゃろう。ではまたじゃ(@^^)/

またです~
はるくん
はるくん

 

岡 寛『全身を激しい痛みが襲う線維筋痛症がよくわかる本』 第2版 株式会社 講談社 2016 98P

伊藤 和憲 『よくわかる痛み・鎮痛の基本としくみ』 第2版 株式会社 秀和システム 2018 265p

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症に苦しむポンコツ業療法士!これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!もふもふした動物が大好きで、ハムスターとモルモットを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。