日記

線維筋痛症で身体が痛いお話

Pocket

 ここのところ痛みが悪化していてまともに生活が送れていません。とにかく全身的に痛いのですが中でも特に酷いのが、腰の右側から右足にかけてで歩く事は当然として、立ち上がる事すらままならない状態です。更には横になっても座っても、息が詰まりそうな痛みが襲ってきます。というか、寝ている時にも寝返りをうった拍子に痛みで目が覚めます。
 
 こんな感じですから、最近は横になって痛みの少ない姿勢を探す毎日です。・・・ですが、やっと痛みの少ない姿勢を見つけても、人間は長時間同じ姿勢では居られません。同じ姿勢を維持していると別の痛みが出てきます。結果エンドレス呻きタイムです(;´・ω・)あと、くしゃみや咳、放屁なんかの生理現象でも地獄の様な痛みが身体を走り抜けます。病院受診、リラクゼーションを含め出来る事は概ね試したつもりですが解決策は出てきません。今回は、軽快して仕事についてからの再発・悪化なのでとてもショックです。色々な人に迷惑を掛けていますからね”(-“”-)”焦りばかりが強くなります。
 
 そんなこんなで、痛みと焦りでイライラしながらネットで情報検索をしていると、”これは”と思えるものを発見しました。今回の状態、症状的には線維筋痛症ですが一番酷い症状は坐骨神経痛の症状に似ているのです。なので早速整形外科を受診してみましたが、まぁ当然のように何も見つかりませんでした。それどころか太りすぎだと怒られる始末・・・言い訳ですが薬の副作用と運動不足で筋肉が落ちて弛んでるだけなんです(‘Д’)
 
 まぁ、落ち込んでばかりもいられません。整形外科で結果が出なかったとはいえ、坐骨神経の周辺に強い痛みがあり、その痛みが周辺に拡散している可能性は十分にあります。ならば坐骨神経痛に対する処置は有効なのでは?とぱぱんは考えました。さっそく調べてみると、坐骨神経痛ではサポータを使用して良肢位の保持を行うようです。この為、腰から太ももまでを保持出来るサポーターをアマゾンで探して注文してみました。品物が届き次第装着して試してみたい所存です。その際には商品と一緒に効果のほどもご報告しますね(*´ω`*)

おまけのハム画像

ふーたトイレで爆睡(;´・ω・)最初死んでるかと焦った
ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症に苦しむポンコツ業療法士!これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!もふもふした動物が大好きで、ハムスターとモルモットを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。