ぱぱんとままんのもふもふライフ
病歴

痛みと戦う私が闘病ブログを始めた理由!健康だった私が線維筋痛症に罹るまで⑤病名判明!そして退職へ

遂に痛みが悪化し動けなくなった私!帰宅後も痛みで眠れぬ夜を過ごすのですが・・・

 

取り敢えず次の日には早出出勤してました。しかし、身体の痛み自体は酷く駐車場から更衣室に移動するだけでも、物凄い冷や汗が出て来ます💦

 

更衣室から現場に移動し自分のデスクに到着する頃には、ほぼ動けない状態になってしまいました。この状態ではリハビリ業務は困難だと判断し、パソコンの入力作業を行いながら上司が出勤してくるのを待つ事にしました。

 

始業開始ギリギリになって、のんびりと出勤して来た上司を何とか捕まえて事情を報告したのですが、ただひたすら体調管理と業務が遅れる事についてを説教されました。とは言え仕事にならないのは事実なので、その後は上司からの指示で近場の内科を受診する事に・・・

 

痛む身体で細心の注意を払いながら車を運転し、何とか病院へ到着した私を待っていたのは長い長い診察待ちでした。痛みを我慢して待合室で待つ私・・・段々と座っているのも辛くなって来ます。

 

受付をしてから2時間ほど待って、ようやく診察の順番やって来ました。ふらふらしながら診察室に入る私を、何とも言えない表情で見つめるお医者様に状態を説明すると、検温、血圧測定、血液検査が行われました。結果としては微熱はあるものの、ウイルスなどは検出されず原因は不明のままでした。

 

上司に結果を連絡すると、もう一か所の病院に行くように指示され移動。結局、そちらの病院でも同じように長時間待たされた上で、同様の検査を受けました。が、やはり原因は分かりませんでした。結果としては、帰宅し療養する事になりました。

 

病院で解熱剤と抗生薬、痛み止めが処方されたのでそれらを服用し横になる事にしました。しかし痛みで眠れません。寝返りすら困難な状況です。しかし、原因も分からないのに取り敢えず薬を出す病院よ・・・

 

それからしばらく自宅で療養するも、症状は良くなるどころか悪化する一方でした。この間にメンタルクリニックなどにも通院してみるのですが、やはり原因は不明のままで痛みも改善のしませんでした。

 

身体に痛みがあるにもかかわらず、原因が全く分からない状態はとても不安が強く、ストレスを感じるものでした。そんな中、インターネットで症状を調べていた家内から情報が入ります。

 

家内「この病気、いまのあなたの症状に似てない?」

 

パソコンをのぞき込む私【線維筋痛症】外傷などが無いにも拘らず、全身の痛みを主症状とする疾患・・・

 

私は思わず「これか!」と叫んでいました。

 

少しでも早く原因の解明と対策を望んでいた私は、早速2か所の病院に連絡して受診の予約をしました。

 

2か所の病院を予約した理由は、その日のうちにセカンドオピニオンまで済ませてしまいたかったのと、【線維筋痛症】でなかった場合でも複数の病院受診により他の疾患を見つけることが出来るかもしれないと思ったからでです。

 

2か所の病院を受診した結果、【線維筋痛症】の診断が出ることになりました。職場に説明するために、2か所の病院で診断書を出してもらい帰宅。運転は家内任せて私は座っているだけでしたが、長距離の移動と診察の待ち時間により、帰宅後は疲労感と痛みがかなり強くなっていました。しかし、自身の病気に診断が付いた事で少し安心出来たことを記憶しています。

 

また、その日から病名に対応した薬が使用できるようになった事で、劇的ではありませんが痛みの軽減がみられるようになっていきました。その後、改めて職場に連絡を入れて病気の説明・診断書の提出を行い、正式に休職することが許可されたのです。ただし、休職中の給与は無く保証などもありませんでした。

 

その後、2ヵ月程の休職期間を経たところで職場より色々な話があり、私は退職する運びとなったのでした。

 

これが、私が健康な状態から【線維筋痛症】を発症し職を失うまでの話です。細かい部分は省略しているため、大まかな流れとなりますが現在仕事で無理をしている方や、原因が分からない痛みに悩んでいる方の参考になればと思いブログにまとめてみました。

 

痛みと戦う私が闘病ブログを始めた理由!健康だった私が線維筋痛症に罹るまで④痛みの増加と眠れぬ日々

 

 

 

 

 

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症の痛みに苦しむ元作業療法士です! これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!動物が大好きで、現在ハムスターとモルモット、ファンシーラット、セキセイインコを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
RELATED POST

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。