ぱぱんとままんのもふもふライフ
病歴

痛みと戦う私が闘病ブログを始めた理由!健康だった私が線維筋痛症に罹るまで④痛みの増加と眠れぬ日々

年が明け【認知症加算】の単位算定が始まりました。企画の段階で友人や先輩から助言を仰ぐ中で薄々感じていたことがありました。「この業務はまともに実行すればとんでもない業務量になる!1人では無理があるのでは・・・

 

やることを一言で説明すると、デイケアを利用している利用者様に対して30分ほどの認知機能訓練を実施するだけです。しかし、その加算を取れるようにするためには、本人・ご家族、担当医、ケアマネ、などが揃っている時に説明をして同意を取る必要があります。つまり新規入所があれば、常に時間を取って会議に参加する必要が出て来ました。

 

時間の都合が付かず会議に出れない場合は、送迎に付いて行って説明し同意を貰うかたちになり、それに付随しリハビリテーション計画書を作成し提出する作業も必要となり・・・結果、書類業務が増えることになります。

 

さらに認知症リハビリと運動機能訓練は別で実施しなければならない!と言われたことも業務が増える一因になりました。簡単に言えば同じ利用者様に対して日に2回、個別でのリハビリを実施する必要が出て来たのです。

 

当たり前ですが、単位を算定するにあたり、認知症リハビリを行う場合、ただ計算課題やパズルを提供するのではなく、事前のアセスメントで本人の認知機能を正しく把握し、適切なレベルの課題を用意する必要があります。この為、認知症スケールテストを行うのですが、これを嫌がる利用者様も多く、改めて説明をするのも大変な作業でした。

 

それまでの業務にこれらの仕事が加わる為、私の業務は激増!必死になって業務に取り組みましたが、時間の調整すら上手くいかず、早出・残業・休日出勤を繰り返し、休みが取れない環境に突入していきます。この頃になると、服用していた痛み止めはほとんど効果がみられず、全身に広がった痛みに対して、ただ我慢して耐えてるだけになっていました。

 

さらに問題となったのが、不眠でした。毎日非常に疲れており回復の為に眠ろうとするのですが、指先から頭の頂点、足の裏まで痛みが走ります。チクチク、ずきずき、ジンジン、ギシギシ・・・本当に様々な痛みが襲い掛かります。これによりいつも十分な睡眠をとることが出来ませんでした。

 

その様な生活が続き、途中で謎の発熱が続いたりしながらも業務を続けて、4月を迎えます。ここからは【地域連携】の新事業の立ち上げも始まります。こちらは先輩職員が立ち上げを担当したのですが、その方が自分の担当している利用者様を私に振り分けて来たのです。その人数は15人程です。こちらも忙しいことを説明するのですが、「自分の方が大変だから!」と押し切られてしまいました。ちなみに謎の発熱は40度近い熱が1週間程度続いたりするのですが、近所の病院で検査するも原因不明!でした。

 

リハビリ業務自体は時間を調整したり、集団で行う事で何とか対応したのですが、体身はもう限界だったのでしょう。ある日、いつものように残業をして書類整理をしている時のことでした。身体中に激しい痛みが走り、同時に嘔吐・・・吐しゃ物の中に突っ伏したまま頭を上げることが出来ません。

 

「あ、これはマズい」と思いましたが、残業は私だけなので周囲に人はおらずしばらくそのままの状態でした。どのくらい時間が経過したでしょうか・・・痛みは変わらないものの、少しずつ身体が動かせるようになってきたので、汚物を掃除してその日は帰宅する事にしました。

 

いつもなら手伝いを要求しにくる夜勤スタッフも、こんな時に限ってやって来ないという💧

 

何とか帰宅したものの体の痛みが酷く、その日から身体をしっかり伸ばして歩くことが困難になったのでした。

 

痛みと戦う私が闘病ブログを始めた理由!健康だった私が線維筋痛症に罹るまで①勤務していた施設が経営破綻した話!

 

痛みと戦う私が闘病ブログを始めた理由!健康だった私が線維筋痛症に罹るまで②新職場入職と地域性の話!

 

痛みと戦う私が闘病ブログを始めた理由!健康だった私が線維筋痛症に罹るまで③業務過多!?残業、残業、また残業!

 

 

 

ABOUT ME
mofumofupapan
線維筋痛症の痛みに苦しむ元作業療法士です! これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!動物が大好きで、現在ハムスターとモルモット、ファンシーラット、セキセイインコを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
RELATED POST

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。