線維筋痛症闘病記

痛みと戦う私が闘病ブログを始めた理由!健康だった私が線維筋痛症に罹るまで①勤務していた施設が経営破綻した話!

Pocket

この度、線維筋痛症を患い仕事もお金も失った私がブログを書いてみる事に致しました。

 

もともとが作業療法士でリハビリ職だったこともあり、一般の方に比べて病気の見え方も違う点があるのではないか?それが同じ様に苦しんでいる人達の助けになる事もあるのではないだろうか?と考え私の体験や試してみた手技などを纏めてみたいと思います。もしよろしければ、お付き合いください。

 

今回は私が線維筋痛症に罹患するまでの流れを纏めて言いたいと思います。

 

H27年の5月の朝の事でした。いつものように勤務している高齢者施設に出勤すると、何やら職員がバタバタしています。その中には、日頃見掛けることもない様なお偉い方々まで・・・

 

何事か?と混乱する私のもとに先輩スタッフが走って来て「経営破綻!!!」と大きな声で叫びます。突然の事に頭が理解を拒んだのか、何を言われているのか分からず「ほへ?」と間抜けな返事をしてしまいます。

 

その後、全職員が集められ正式にグループが経営破綻したことが伝えられました💧

 

 

会長「医師・看護師と事務職は受け入れ先が決まっています!心配しないで下さい!!」

 

我々・・・リハと介護は?

 

会長「他の方は、頑張って下さい

 

・・・何やら頑張るしかない様子でした💧

 

こうして30代後半に差し掛かるタイミングで、新しい職場を探すことになったのです。しかし、医療・介護業界にかかわらず、5月頃は時期がとにかく時期が悪いのです。

 

どこの病院・施設も4月に新卒スタッフを採ったばかりで、5月頃は育成期間中なので新しい求人はほとんど出ていません。出ているとしても、地域でも評判が悪いところばかり・・・

 

必死になって求職活動を行うのですが、近場の求人は全滅!最終的に父の実家がある山奥に条件の良さそうな高齢者施設を見つけることになりました。

 

ちなみに、その時居住していた地域からおよそ100㎞以上離れており通勤は無理そうでした。結局引っ越しをすることになるのですが、田舎ってアパートの代金・・・高いんですね💧1LDKで7万円て・・・

 

そんなこんなで、かなりバタバタではありましたが、何とか転職に成功し7月より新天地でリハビリ業務に取り組むことになったのです。

 

今考えれば、この時期の行動に今後の駄目さ加減が見え隠れしている気がします。次回は実際に入職してからのお話になります。

 

 

 

 

ABOUT ME
mofumofupapan
mofumofupapan
線維筋痛症の痛みに苦しむ元作業療法士です! これまで学んだリハビリの知識と技術を活用し、社会復帰目指して奮闘中!動物が大好きで、現在ハムスターとモルモット、ファンシーラット、セキセイインコを扶養しています。もるもる協会入会済み!!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。